研究業績

  • 著書
  • 2014 2008 2007 〜2003
  • 原著論文・総説
  • 2017 2016 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 〜2003
  • 国際学会講演
  • 2015 2013 2012 2009 2008 2007 2006 2005 2004 〜2003
  • 国内学会講演
  • 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 〜2003
  • その他





  • 著書

    2014年

    ◆安藤禎紀,入江一元,宇佐美晶信,江尻貞一,影山幾男,近藤信太郎,佐藤和彦,塩崎一成,野坂洋一郎,松尾雅斗,松永智,渡邉竜太;井出吉信 監修.阿部伸一,下田信治,高橋富久,藤村朗,編木孝昌 編.口腔顎顔面解剖ノート.1版.東京:学研書院;2014.

    2008年

    ◆佐藤和彦;本川雅治 編.日本の哺乳類学 第1巻・小型哺乳類(咀嚼筋進化の機能的意義〜齧歯類〜).東京:東京大学出版会;2008:118-143.
    2007年

    ◆佐藤和彦;井出吉信編.咀嚼の事典(哺乳類の咀嚼様式).東京:朝倉書店;2007:250-265.

    〜2003年

    ◆江尻貞一;中村利孝 編.骨粗鬆症ナビゲーター(皮質骨,海綿骨).大阪:メディカルレビュー社;2001:20-23

    ◆江尻貞一,小澤英浩;日本電子顕微鏡学会関東支部会 編.走査電子顕微鏡(硬組織「骨」).共立出版社;2000:234-236.

    ◆江尻貞一,小澤英浩;石川春律監修.バイオイメージングの最先端(マイクロCTによる骨組織微細構造のイメージング).寺田国際事務所/先端医療技術研究所;1999:127-131.

    ◆江尻貞一;日本エム・イー学会 編.ME 用語辞典.東京:コロナ社;1999.

    ◆江尻貞一;高橋栄明 編.骨形態計測ハンドブック改定版(骨吸収と破骨細胞,ACPase 染色法).東京:西村書店;1997:56-61.

    ◆江尻貞一;第7回電顕サマースクール実行委員会 編.電視顕微鏡 基礎技術と応用1996 -極微構造のダイナミック解析技術-(Electron Energy Loss Spectroscopy (EELS) のための凍結置換固定法).学際企画株式会社;1996:37- 44.

    ◆Ejiri S,Ozawa H.Image analysis of hard tissues using conforcal laser scanning nicroscopy (CLSM) and electron energy loss spectroscopy (EELS).Histochemistry and Cytochemistry 1996.Proceedings of the Xth Internatinal Congress.ed.by T.Saito,The Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry. p.18 -23,1996.

    ◆小萱康徳;和田 浩爾, 小林 巌雄 編.海洋生物の硬組織と石灰化(上皮性硬組織と硫酸化複合糖質)東京:東海大学出版;1996.

    ◆江尻貞一,小澤英浩;石川春律,高松哲郎 編,藤田哲也 監修.新しい光学顕微鏡.共焦点レーザー顕微鏡の医学・生物学への応用(硬組織).学際企画株式会社;1995:84- 87.

    ◆江尻貞一;松本俊夫,中村利孝 編.メディカル用語ライブラリー「骨粗鬆症」(皮質骨).東京:羊土社;1995:14.

    ◆江尻貞一.海綿骨.メディカル用語ライブラリー「骨粗鬆症」松本俊夫,中村利孝 編.羊土社,p15,1995.

    ◆Yasutoku Kogaya.Sulfated Glycoconjugates in Amelogenesis: Comparative Histochemistry and Evolution of Ectoderm-derived Hard Tissues (Progress in Histochemistry & Cytochemistry) .Germany:Gustav Fischer Verlag;1994.

    ◆江尻貞一,小澤英浩;平野寛,宮沢七郎 編.よくわかる電子顕微鏡技術(硬組織の試料作製).東京:朝倉書店;1992:51-55.

    ◆Ejiri S,Ozawa H;Yajima K,ed.Aerospace Science (Mechanical stress and bone remodeling).NIHON UNIVERSUTY;1991:419-425.

    ◆Kogaya Y.Histochemical properties of sulfated glycoconjugates in developing enameloid and enamel matrices.In: Tooth Enamel V.Ed.RW Fearnhead.Florence Publisher.78-84,1989.

    ◆江尻貞一,小澤英浩;小澤英浩,須田立雄 編.破骨細胞の分化誘導に関して−形態学的立場から−.骨吸収に関する諸問題−基礎と臨床−.西村書店;1987:35-46.

    ◆古橋九平,中島経夫,吉岡芳男,吉田寿穂,小萱康徳.歯の進化からさぐる人の歯の形態学.東京:医歯薬出版;1987.

    ◆Ejiri S,Ozawa H;Cohn DV,Fujita T,Potts JT Jr,Talmage RV eds.Endocrine control of bone and calcium metabolism(8(A)Identification and characterization of the preosteoclast and its cytodifferentiation into the osteoclast: Ultrastructural and histochemical studies of rat fetal parietal bone.).Amsterdam:Elsevier Science Publishers BV;1984:90-93.



    原著論文・総説

    2017年

    ◆薗村貴弘, 岩井治樹. 人工の舌「味覚BMI」〜美味しさをいつまでも感じ続けるために〜. 地域ケアリング 2017;19(13): 112-115.

    ◆Sonomura T, Iwai H. The Present and the Future of the Gastatory Brain Machine Interface. Medical Science Digest. 2017;43(10): 22-24.

    ◆Nakata H, Sonomura T, Iseki S. Three-dimensional analysis of seminiferous tubules and spermatogenic waves in mice. Reproduction. 2017;154(5): 569-579.

    ◆Matsuda W, Sonomura T , Honma S, Ohno S, Goto T, Ito M, Honda S, Udagawa J, Ueda S. Anatomical variations of the recurrent artery of Heubner: number, origin, and course. Anatomical Science International. in press

    ◆Matsuo M, Honma S, Sonomura T, Yamazaki M. Clinical anatomy of the cephalic vein for safe performance of venipuncture. JA Clinical Reports. 2017;3: 50

    ◆Furukawa M, Tsukahara T, Tomita K, Iwai H, Sonomura T, Miyawaki S, Sato T. Neonatal maternal separation delays the GABA excitatory-to-inhibitory functional switch by inhibiting KCC2 expression. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2017;493(3): 1243-1249.

    ◆藤原敦,青木啓太,渡邉竜太,佐藤和彦,矢野航,江尻貞一,北井則行.矯正力によって加えられたメカニカルストレスに対するラット歯槽骨骨細胞のsclerostin産生能の変化.岐歯学誌.2017;44(1):11-22.

    2016年

    ◆Takakura A,Takao-Kawabata R,Isogai Y,Kajiwara M,Murayama H,Ejiri S,Ishizuya T.Differences in vertebral,tibial,and iliac cancellous bone metabolism in ovariectomized rats.J Bone Miner Metab.2016;34(3):291-302

    ◆岩田明子,佐藤和彦,矢野航,渡邉竜太,江尻貞一,北井則行.ラット頭蓋成長に伴う咬筋の力の大きさと方向の変化.岐歯学誌.2016;43(1):33-44.

    2014年

    ◆Morita W,Yano W,Nagaoka T,Abe M,Ohshima H,Nakatsukasa M.Patterns of morphological variation in enamel-dentin junction and outer enamel surface of human molars.J Anat.2014;224(6):669-680.

    ◆Satoh K,Yano W,Watanabe R,Kogaya Y,Ejiri S.Masseter muscle structure and its relationship with medial chewing movement in Palles's squirrel Callosciurus erythraes.J Gifu Dent Soc.2014;40(3):252-256

    ◆Morita W,Yano W,Nagaoka T,Abe M,Nakatsukasa M.Size and shape variability in human molars during odontogenesis.J Dent Res.2014;93(3):275-280.

    ◆柏木健司,矢野 航.黒部峡谷鐘釣地域のハクビシン.富山の生物.2014;53:127-130.

    ◆Nishimura TD,Ito T,Yano W,Ebbestad JOR,Takai M.Nasal architecture in Procynocephalus wimani (Early Pleistocene, China) and implications for its phyletic relationship with Paradolichopithecus.Anthropological Science.2014;122(2):101-113.

    ◆Moribe J,Yasui K,Watanabe R,Satoh K,Kogaya Y,Ejiri S.Partial albinism in the Japanese shrew mole,Urotrichus talpoides,from Aichi,Japan.Mammalia .2014;78(4):543-545

    ◆渡邉竜太,森部絢嗣,矢野航,佐藤和彦,小萱康徳,江尻貞一.左椎骨動脈が大動脈弓より分枝する一例.岐阜歯科学会雑誌.2014;41(2):137-140

    ◆伊藤友里,厚地功誠,村木智則,渡邉竜太,笠井唯克,江尻貞一,式守道夫.Bisphosphonate 休薬期間が抜歯窩治癒過程に及ぼす影響についての実験的研究.日本口腔外科学会雑誌.2014;60(11): 596-608

    2013年


    ◆Kogaya Y,Watanabe R,Moribe J,Satoh K,Kubo K,Ejiri S.Differences in the ultrastructural localization of sulfated glycoconjugates between dentine and bone in the ganoid scales of Polypterus senegalus.J Oral Biosci.2013;55 (4):200-207.

    ◆Ito Y,Atsuji K,Muraki T,Naganawa K,Akai T,Ehara Y,Ohta T,Matsubara M,Fujimoto M,Tanaka S,Sumitomo S,Kasai T,Ejiri S,Shikimori M.Clinical Evaluations of Patients Undergoing Bisphosphonate Therapy.J Gifu Dent Soc.2013;40(2):119-126

    ◆Yano S,Kitamura K,Satoh Y,Nakano M,Hattori A,Sekiguchi T,Ikegame M,Nakashima H,Omori K,Hayakawa K,Chiba A,Sasayama Y,Ejiri S,Mikuni-Takagaki Y,Mishima H,Funahashi H,Sakamoto T,Suzuki N.Static and dynamic hypergravity responses of osteoblasts and osteoclasts in medaka scales.Zool Sci.2013;30(3):217-223

    ◆Yamashita-Mikami E,Tanaka M,Sakurai N,Arai Y,Matsuo A,Ohshima H,Nomura S,Ejiri S.Correlations between alveolar bone microstructure and bone turnover markers in pre- and post-menopausal women.Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod.2013;115(4):e12 - e19.

    ◆Yamashita-mikami E,Tanaka M,Sakurai N,Yamada K,Ohshima H,Nomura S,Ejiri S.Microstructural Observation with MicroCT and Histological Analysis of Human Alveolar Bone Biopsy from a Planned Implant Site:A Case Report.Open Dent J.2013;7:47-54.

    2012年

    ◆Yanagisawa H,Hoshi K,Asawa Y,Ejiri S,Satoh K.Matrix remodeling and cytological changes during spontaneous cartilage repair.Journal of Electron Microscopy.2012;61: 237-248.

    ◆Omori K,Wada S,Maruyama Y,Hattori A,Kitamura K,Sato Y,Nara M,Funahashi H,Yachiguchi K,Hayakawa K,Endo M,Kusakari R,Yano S,Srivastav AK,Kusui T,Ejir S,Chen W,Tabuchi Y,Furusawa Y,Kondo,T,Sasayama Y.Nishiuchi T,Nakano M,Sakamoto T,Suzuki N.Prostaglandin E2 increases both osteoblastic and osteoclastic activities in the scales of goldfish and participates in the calcium metabolism in goldfish.Zool Sci.2012;29: 499-504.

    ◆鈴木信雄,大森克徳,井尻憲一,北村敬一郎,根本 鉄,清水宣明,笹山雄一,西内巧,染井正徳,池亀美華,田畑純,中村正久,近藤隆,古澤之裕,松田恒平,田渕圭章,高崎一朗,和田重人,安東宏徳,笠原春夫,永瀬睦,久保田幸治,土屋美和,谷川直樹,吉馴重徳,大嶋一成,鈴木 徹,遠藤雅人,竹内俊郎,江尻貞一,小萱康徳,佐藤和彦,渡邉竜太,森部絢嗣,三島弘幸,前田斉嘉,内田秀明,田谷敏貴,林明生,中村貞夫,杉立久仁代,芹野 武,嶋津徹,矢野幸子,関あずさ,舟橋久幸,奈良雅之,服部淳彦.魚類のウロコを用いた宇宙生物学的研究:新規メラトニン誘導体のウロコ及び骨疾患ラットの骨代謝に対する作用.Space Utiliz Res.2012;28:165-168

    ◆Morita W,Kusaka S,Yano W,Nakatsukasa M.Dental metric variability associated with human migration from skeletal remains of two Jomon sites (Yoshigo and Inariyama) in the Atsumi Peninsula area.Anthropological Science.2012;120(2): 167-177.

    2011年

    ◆Ali MN,Kobayashi T,Tanaka M,Ohshima H,Ejiri S,Saito C.Effects of Intermittent Parathyroid Hormone Treatment on New Bone Formation during Distraction Osteogenesis in the Rat Mandible.Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod.2012;114(1):36-42.

    ◆Tanaka M,Yamashita E,Anwar RB,Yamada K,Ohshima H,Nomura S and Ejiri S.Radiological and histologic studies of the mandibular cortex of ovariectomized monkeys.Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod.2011;111:372-380

    ◆鈴木信雄,大森克徳,井尻憲一,北村敬一郎,根本 鉄,清水宣明,笹山雄一,西内 巧,染井正徳,池亀美華,田畑 純,中村正久,近藤 隆,古澤之裕,松田恒平,田渕圭章,高崎一朗,和田重人,安東宏徳,笠原春夫,永瀬 睦,久保田幸治,土屋美和,谷川直樹,吉馴重徳,大嶋一成,鈴木 徹,遠藤雅人,竹内俊郎,江尻貞一,小萱康徳,前田斉嘉,内田秀明,田谷敏貴,林 明生,中村貞夫,杉立久仁代,芹野 武嶋津 徹,矢野幸子,奈良雅之,服部淳彦.魚類のウロコを用いた宇宙生物学的研究:ウロコ及びマウスの頭蓋骨に対する重力応答.Space Utiliz Res.2011;27:209-213.
    2010年

    ◆Stegaroiu R,Ejiri S,Kurokawa K.Accurate analysis of bone stress around dental implants by the 3D-finite element method.Ro J Stomatol.2010;6(1): 62-63

    ◆Stegaroiu R,Ejiri S,Kurokawa K.Accurate simulation of trabecular structure around an implant improves the understanding of overload-related bone break-down.In: Andreea Didilescu,Maria Greabu (eds),Bucuresti: Standardizarea,(ISBN 978-606-8032-22-1).2010;96

    ◆山下絵美,田中みか子,野村修一,江尻貞一.歯槽骨を用いた骨粗鬆症診断の可能性を探る ―歯槽骨骨構造と骨代謝マーカーとの関連性―.老年歯学.2010;25(2): 250-251

    ◆江尻貞一.骨粗鬆症と顎骨動態.日本先進インプラント医療学会誌.2010;1(1): 15-16

    ◆Nobuo S,Makoto JT,Omori K,Ijiri K,Kitamura K,Nemoto T,Shimizu N,Sasayama Y,Somei M,Ikegame M,Nakamura M,Kondo T,Furusawa Y,Matsuda K,Tabuchi Y,Takasaki I,Wada S,Ando H,Kasahara H,Nagase M,Kubota K,Suzuki T,Endo M,Takeuchi T,Ejiri S,Kogara Y,Maeda M,Uchida H,Taya T,Hayashi A,Nakamura S,Sugitate K,Serino T,Nara M,Hattori A.Fish Scale Study for Space Biology: Hormonal Responses in the Fish Scale.Space Utiliz Res,2010;26:210-213.
    2009年

    ◆江尻貞一,山下絵美,田中みか子.対合歯の喪失とエストロゲン欠乏によって生じる歯槽骨の変化.THE BONE.2009;23 (1): 3-9.

    ◆Satoh K,Iwaku F.Structure and Direction of Jaw Adductor Muscles as Herbivorous Adaptations in Neotoma mexicana.Zoomorphology.2009;128:339-348.

    ◆Ali MN,Ejiri S,Kobayashi T,Anwar RB,Oda K,Ohshima H,Saito C.Histological study of the cellular events during rat mandibular distraction osteogenesis.Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod.2009;107: 325-335.

    ◆Ali MN,Ejiri S,Kobayashi T,Oda K,Ohshima H,Saito C.Histological study of the cellular events during rat mandibular distraction osteogenesis.Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod.2009;107(3):325-335.

    2008年

    ◆Irie K,Ejiri S,Sakakura Y,Shibui T,Yajima T.Matrix mineralization as a trigger for osteocyte maturation.The Journal of Histochemistry & Cytochemistry.2008;56(6):561-567.

    ◆Ejiri S,Tanaka M,Watanabe N,Anwar RB,Yamashita E,Yamada K,Ikegame M.Estrogen deficiency and its effect on the jaw bones.J Bone Miner Metab.2008;26(5):409-415.

    ◆Kubo K,Kojo A,Yamamoto T,Onozuka M.The bite-raised condition in aged SAMP8 mice induces dendritic spine changes in the hippocampal region.Neurosci.Lett.2008;441:141-144.

    ◆Satoh K,Iwaku F.Masticatory muscle architecture in a murine murid,Rattus rattus,and its functional significance.Mammal study .2008;33: 35-42.

    ◆Satoh K,Iwaku F.Foramen magnum angle and its effect on visual field in two Apodemus murids.Mammal study .2008;33(4):151-155.

    2007年

    ◆Anwar RB,Tanaka M,Kohno S,Ikegame M,Watanabe N,Ali MN,Ejiri S.Relationship between porotic changes in alveolar bone and spinal osteoporosis.J Dent Res .2007;86(1):52-57.

    ◆Takahashi N,Ejiri S,Yanagisawa S,Ozawa H.Regulation of osteoclast polarization.Odontology.2007;95:1-9.

    ◆Kogaya Y,Kubo K,Satoh K,Shimizu N,Iwaku F.A case report of the left common carotid artery arising from brachiocephalic trunk.J.Gifu Dent.Soc.2007;34: 5-8.

    ◆Kubo K,Ichihashi Y,Iinuma M,Iwaku F,Tamura Y,Watanabe K,Nakamura H,Onozuka M.Occlusal disharmony induces spatial memory impairment and hippocampal neuron degeneration via stress in SAMP8 mice.Neurosci.Lett.2007;414,188-191.

    ◆Kubo K,Iwaku F,Arakawa Y,Ichihashi Y,Iinuma M,Tamura Y,Karasawa N,Nagatsu I,Sasaguri K,Onozuka M.The corticosterone synthesis inhibitor metyrapone prevents bite-raising induced impairment of hippocampal function in aged senescense-accelerated prone mice (SAMP8).Biogenic Amines.2007;21(6),291-300.

    2006年

    ◆Stegaroiu R,Watanabe N,Tanaka M,Ejiri S,Nomura S,Miyakawa O.Peri-Implant Stress Analysis in Simulation Models With or Without Trabecular Bone Structure.The International Journal of Prosthodontics.2006;19:40-42.

    ◆田中みか子,江尻貞一,渡邊直子.エストロゲン欠乏による歯槽骨骨梁構造および固有歯槽骨の脆弱化に関する基礎的検討.Osteoporosis Japan.2006;14(No4): 674-678.

    ◆Ejiri S,Toyooka E,Tanaka M,Anwar RB,Kohno S.Histological and histomorphometrical changes in rat alveolar bone following antagonistic tooth extraction and/or ovariectomy.Archives of Oral Biology.2006;51(11): 941-950.

    ◆Kubo K,Yamada Y,Iinuma M,Kogaya Y,Iwaku F,Tamura Y.Effect of masticatory dysfunction on the rate of aging and life apsn in senescence-accelerated mice (SMAP 8).J.Gifu Dent.Soc.2006;33: 111-115.

    ◆Kogaya Y,Hasegawa M,Uchida A,Doi Y.Ultrastructural characterization of tisse response to sintered carbonate apatite in rabbit bone.Dental Materials J.2006;25: 487-492.

    ◆Kogaya Y,Hasegawa M,Uchida A,Doi Y.Bone response to sintered carbonate apatite grafted into rabbit femur.BMMP-6.2006;20.

    ◆Satoh K,Iwaku F.Jaw muscle functional anatomy in northern grasshopper mouse,Onychomys leucogaster,a carnivorous murid.J Morphol.2006;267: 987-999.

    2005年

    ◆池亀美華,江尻貞一,小澤英浩.In vivo で投与されたカルシトニンによる破骨細胞のカルシトニンレセプターと形態変化.THE BONE .2005;19(1): 3-6.

    ◆Kogaya Y,Iwaku F.Hyaluronate distribution pattern in rat incisor.J Gifu Dent Soc.2005;32: 80-85.

    ◆Kubo K,Iwaku F,Watanabe K,Fujita M,Onozuka M.Molarless-induced changes of spines in hippocampal region of SAMP8 mice.Brain Res.2005;1057:191-195.

    2004年

    ◆Ikegane M,Ejiri S,Ozawa H.Calcitonin-induced change in serum calcium levels and its relationship to osteoclast morphology and number of calcitonin receptors.Bone.2004;35: 27-33.

    ◆Tazawa K,Hoshi K,Kawamoto S,Tanaka M,Ejiri S,Ozawa H.Osteocytic osteolysis observed in rats to which a parathyroid hormone was continously administered.J Bone Miner Metab.2004;22(6): 524-529.

    ◆Kogaya Y,Iwaku F.Phylogenetic considerations of the origin of enameloid and enamel.J Gifu Dent Soc.2004;30(Special.Issue):45-53.

    ◆Kogaya Y,Iwaku F.Developmental pattern and histologic structure at the growing sites of the scales of Polypterus senegalus.J Gifu Dent Soc.2004;30: 196-204.

    ◆Satoh K,Iwaku F.Comparison of masticatory muscle masses between cricetine and murine murids.J Gifu Dent Soc.2004;30 (3): 205-210.

    ◆Satoh K,Iwaku F.Internal architecture,origin-insertion site,and mass of jaw muscles in Old World hamsters.J Morphol.2004;260:101-116.

    ◆Satoh K,Iwaku F.Functional anatomy of masticatory muscles in rodents.J Gifu Dent Soc.2004;30: 21-28.

    〜2003年

    ◆Gong L,Hoshi K,Ejiri S,Nakajima T,Shingaki S,Ozawa H.Bisphosphonate Incadronate inhibits maturation of ectopic bones induced by recombinant human bone morphogenetic protein-2. J Bone Miner Metab.2003;22(1):5-11

    ◆Ito M,Ejiri S,Jinnai H,Ikeda S,NishidaA,Uesugi K,Yagi N,Tanaka M,Hayashi K.Bone structure and mineralization demonstrated using synchrotron radiation computed tomography (SR-CT) in animal models: Preliminary findings.J Bone Miner Metab.2003;21: 287-293.

    ◆Kogaya Y,Iwaku F.Rat odontoblasts as revealed by high-pressure freezing followed by freeze-substitution. J Gifu Dent Soc.2003;30: 140-147.

    ◆Satoh K,Iwaku F.Anatomy of temporalis in Old World hamsters. J Gifu Dent Soc.2003;29 (3): 236-240.

    ◆Kawamoto S,Ejiri S,Hoshi K,Nagaoka E,Ozawa H.Effects of estrogen deficiency on osteoclastgenesis in rat periodontium.Arch Oral Biol.2002;47(1): 67-73.

    ◆Kawamoto S,Ejiri S,Hoshi K,Nagaoka E,Ozawa H.Immunolocalization of osteoclast differentiation factor in rat periodontium.Arch Oral Biol.2002;47(1): 55-58.

    ◆Tanaka M,Ejiri S,Toyooka E,Kohno S,Ozawa H.Effects of ovariectomy on trabecular structures of rat alveolar bone.J Period Res.2002;37: 161-165.

    ◆Yoshiba K,Yoshiba N,Ejiri S,Iwaku M,Ozawa H.Odontblast processes in human dentin revealed by fluorescence labeling and transmission electron microscopy.Histochem Cell Biol.2002;118: 205-212.

    ◆Ohtsu Y,Kogaya Y.Growth of chloride cell in the gill epithelium in Anadromous and Lacustrine ayu,plecoglossus altivelis.J Growth.2002;41: 105-116.

    ◆Kogaya Y,Kubo K,Iwaku F.The ganoine membrane of the scales of Polypterus senegalus includes a labyrinth structure.Cells Tissues Organs.2002;170: 34-38.

    ◆Satoh K,Iwaku F.Anatomy of digastric muscle in Old World hamsters.J Gifu Dent Soc.2002;28: 332-337.

    ◆Hoshi K,Ejiri S,Ozawa H.Localizational alterations of calcium,phosphorus and calcification-related organics such as proteoglycans and alkaline phosphatase during bone calcification.J Bone Miner Res.2001;16: 289-298.

    ◆Hoshi K,Ejiri S,Ozawa H.Ultrastructural analysis of bone calcification by using energy-filtering transmission electron microscopy.Ital J Anat Embryol.2001;106: 141-150.

    ◆Hoshi K,Ejiri S,Ozawa H.Organic compornents of cristal sheaths in bone.J Electorn Microsc.2001;50(1): 33-40.

    ◆Hoshi K,Ejiri S,Probst W,Seybold V,Kamino T,Yaguchi T,Yamahira N,Ozawa,H.Observation of human dentine by focused ion beam and energy-filtering transmission electron microscopy.J Microsc.2001;201 (1): 44-49.

    ◆Kogaya Y,Kubo K,Iwaku F.Sulfated glycoconjugates in mitochondrial franules. J Gifu Dent Soc.2001;28: 229-235.

    ◆佐藤和彦.「形態機能学」のすすめ −齧歯類の頭骨を例として−.哺乳類科学.2001;41: 101-110.

    ◆Endo H,Satoh K,Cuisin J,Stafford B,Kimura J.Morphological adaptation of the masticatory muscles and related apparatus in Asian and African Rhizomyinae species.Mammal study.2001;26 (2): 101-108.

    ◆Hoshi K,Ejiri S,Ozawa H.Recent Advances in Structural Analyses of Biological Hard Tissues. Ultrastructural,Cytochemical,and Biophysical Aspects of Mechanisms of Bone Matrix Calcification.(Invited Review)Acta Anat Nippon.2000;75: 457-465.

    ◆Nakajima M,Ejiri S,Tanaka M,Toyooka E,Kohno S,Ozawa H.Effect of Intermittent Administration of Human Parathyroid Hormone (1-34) on the Mandibular Condyle of Ovariectomized Rats.J bone Miner Metab.2000;18: 9-17.

    ◆江尻貞一.新しい形態学的解析方法 マイクロCT.日骨代謝誌.2000;18(1): 15-21.

    ◆Tanaka M,Ejiri S,Kohno S,Ozawa H.Region-specific bone mass changes in rat mandibular condyle following ovariectomy.J Dent Res.2000;79 (11): 1907-1913.

    ◆Itoo T,Niizuma A,Kubo K,Fujita I,Kogaya Y,Suzuki Y,Iwaku F.Sexual difference in canine thickness in four Northwestern Pacific Pinnipeds.J Gifu Dent Soc.2000;27: 240-248.

    ◆Tanaka M,Ejiri S,Nakajima M,Kohno S,Ozawa H.Changes of cancellous bone mass in rat mandibular condyle following ovariectomy.Bone.1999;25: 339-347.

    ◆Kogaya Y.Immunohistochemical localization of amelogenin-like proteins and type I collagen and histochemical demonstration of sulfated glycoconjuagtes in developing enameloid and enamel matrices of the larval urodele (Triturus pyrrhogaster) teeth. J Anat.1999;195: 455-464.

    ◆Satoh K.Mechanical advantage of area of origin for the external pterygoid muscles during in two murid rodents,Apodemus speciosus and Clethrionomys rufocanus. J Morphol.1999;240 (1): 1-14.

    ◆Kabasawa Y,Ejiri S,Matuki Y,Hara K,Ozawa H.Immunoreactive localization of transforming growth factor-b type II receptor-positive cells in rat tibiae.Bone.1998;22: 93-98.

    ◆Tanaka M,Ejiri S,Kohno S,Ozawa H,Nakajima M,Medina M R,Toyooka E.Effect of aging and ovariectomy on mandibular condyle in rats.J Prosthet Dent.1998;79: 685-690.

    ◆Satoh K.Balancing function of the masticatory muscles during incisal biting in two murid rodents,Apodemus speciosus and Clethrionomys rufocanus.J Morphol.1998;236 (1): 49-56.

    ◆Ohashi N,Ejiri S,Hanada K,Ozawa H.Changes in type I,II and X collagen immunoreactivity of the mandibular condylar cartilage in a naturally aging rat model.J bone Miner Metab.1997;15: 77-83. 

    ◆Satoh K.Comparative functional morphology of mandibular forward movement during mastication of two murid rodents,Apodemus speciosus(Murinae) and Clethrionomys rufocanus(Arvicolinae). J Morphol.1997;231 (2): 131-141.

    ◆Kabasawa M,Ejiri S,Hanada K,Ozawa H.Effect of age on physiologic and mechanically stressed rat alveolar bone: a cytologic and histochemical study.Int J Adult Orthodon Orthognath Surg.1996;11: 313-327.

    ◆江尻貞一,小澤英浩.骨組織の動態観察. 細胞工学,1996;15: 358-364.

    ◆Uzawa T,Hori M,Ejiri S,Ozawa H.Comparision of the effects of intermittent and continuous administration of human parathyroid hormone (1-34) on rat bone.Bone.1995;16: 477-484.

    ◆Kabasawa M,Ejiri S,Hanada K,Ozawa H.Histological obsevations of the dental tissues with the conforcal laser scanning microscope.Biotech Histochem.1995;70: 66-69.

    ◆Koike H,Ejiri S,Hanada K,Ozawa H.Age-related histlogical changes in rat mandibular condyle.J bone Miner Metab.1995;13: 10-16.

    ◆Saito S,Ejiri S,Suzuki T,Hara K,Ozawa H.Histochemical and ultrastructural characteristics of the alveolar bone resorption in ligature-induced acute inflammation of periodontium in rat.Jpn J Oral Biol.1995;37: 462-469.

    ◆Kogaya Y.Development of the hypermineralized tissue covering the tips of the larval urodele (Triturus pyrrhogaster) teeth and distribution pattern of sulfated glycoconjugates.Ass Com Biol Enamel.1995;4: 15-20.

    ◆Aoki N,Ito M,Ejiri S,Ozawa H.Ultrastructure of the human skin by a rapid freezing technique: structural preservation and antigenesity.J Invest Dermatol.1994;102: 354-361.

    ◆江尻貞一.種々の骨形態計測法の応用と比較―卵巣摘出ラットをめぐって―共焦点レーザー走査顕微鏡および走査電子顕微鏡を用いた解析―.日本骨形態計測学会雑誌.1994;4: 17-21.

    ◆Kogaya Y.Sulfated glycoconjugates in amelogenesis. Comparative histochemistry and evolution of ectoderm-derived hard tissues.Prog. Histochem Cytochem.1994;29: 1-110.

    ◆Ikegame M,Ejiri S,Ozawa H.Histochemical and autoradiographic studies on Elcatonin in internalization and intercellular movement in osteoclasts. J Bone Mineral Res.1994;9: 25-37.

    ◆Kazama J,Ejiri S,Gejyo F,Okada M,Ei I,Arakawa M,Ozawa H.Application of confocal laser scanning microscopy to the observation of bone biopsy specimens.Bone.1993;14: 885-889. 

    ◆Nanci A,Zalzal S,Kogaya Y.Cytochemical characterization of basement membranes in the enamel organ of the rat incisor.Histochemistry.1993;99: 321-331.

    ◆Kogaya Y,Nanci A.Post-embedding staining with high-iron diamine-thicarbohydrazide-silver proteinate and its application to visualizing sulfated glycocomjugates in cryofixed kidney and cartilage.J Histochem Cytochem.1992;40: 1257-1267.

    ◆Kogaya Y,Kim S,Yoshida H,Shiga H and Akisaka T.True enamel matrix of the newt,Triturus pyrrhogaster,contains no sulfated glycoconjugates.Cell Tissue Res.March 1992;270(2):249-256.

    ◆Kogaya Y,Kim S,Haruna S,Akisaka T: Heterogeneity of distribution pattern at the electron microscopic level of heparan sulfate in various basement membranes.J Histochem Cytochem.1990;38: 1459-1467.

    ◆Kogaya Y,Kim S,Akisaka T.Changes in ultrastructural distribution of dental basement membrane heparan sulfate during early mouse tooth development. J Biol Buccale.1990;18: 10-115.

    ◆Kogaya Y,Haruna S,Vojinovic J,Iwayama Y,Akisaka T.Histochemical localization at the electron microscopic level of sulfated glycosamino-glycans in the rat gingival.J Periodontal Res.1989;24: 199-206.

    ◆Kogaya Y,Furuhashi K.Comparison of calcium distribution pattern among several kinds of hard tissue forming cells of some living vertebrates.Scanning Microscopy.1988;2: 2029-2043. 

    ◆Ejiri S,Segawa A,Miyaura C,Abe E,Suda T,Ozawa H.An ultrastructural study on the multinucleation process of mouse alveolar macrophages induced by 1α,25-dihydroxyvitamin D.J Bone Miner Res.1987;2: 547-557.

    ◆Ejiri S.The preosteoclast and its cytodifferentiation into the osteoclast: ultrastructural and histochemical studies of rat fetal parietal bone.Arch histol Jap.1983;46: 533-577.

    ◆Ejiri S,OzawaH.Scanning electron microscopic observations of rat tibia using the HCl-collagenase method.Arch histol jap.1982;45: 399-404.


    国際学会講演

    2015年

    ◆Rae TC,Johnson PM,Yano W,Hirasaki E.Smaller posterior semicircular canals are associated with leaping in Colobus.The American association of physical anthropologists 84th annual meeting.St.Louis.27.March.2015 (AAPA Meeting Program: 260)

    ◆Yano W,Nishimura T,Watanabe R,Satoh K,Ejiri S.Quantification analysis of cranial bones development among primates species using geometric morphometrics method.13th Congress of the International Society of Bone Morphometry.Tokyo.29.April.2015.(13th Congress of the International Society of Bone Morphometry Program Book.2015:81.)

    ◆Satoh K,Yano W,Watanabe R,Kogaya Y,Ejiri S.Relationship of Masseter Internal Architecture with Middle Ear Enlargement in Two Desert Rodents, Egyptian jerboas and Merriam kangaroo rats.Vth International wildlife management congress.Sapporo.Japan.26-30.July.2015.
    2013年

    ◆Watanabe R,Aoki K,Fujiwara A,Yano W,Satoh K,Kogaya Y,Kitai N,Ejiri S.Changes In Sclerostin Localization In Alveolar Bones During Tooth Displacement.2nd Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and the Japanese Society for Bone and Mineral Research.Kobe.Japan.29.May.2013.( IBMS Bonekey.2013;10.Supplyment:S50.)
    2011年

    ◆Yano W,Egi N,Takano T,Ogihara N.Craniofacial ontogenetic trajectories of two subspecies of Japanese macaque (Macaca fuscata).From fetus to adult.The 80th Annual Meeting of the American Association of Physical Anthropologists.Minneapolis,April 2011

    ◆Yano W,Egi N,Takano T,Ogihara N.Ontogenetic trajectories of two subspecies of Macaca fuscata.The th International Symposium of the Global COE project “from Genome to Ecosystem.” Kyoto,July 2011.
    2009年

    ◆Satoh K,Kogaya Y,Kubo K,Ejiri S.Pulley function of masseter infraorbital part in desert-dwelling heteromyid rodents. 10th International Mammalogical Congress.Mendoza,Argentina.August,2009.
    2008年

    ◆Kogaya Y,Kubo K,Doi Y.Ultrastructual Features of the Interface Between Newly Formed Bone Tissue and Sintered Carbonate Apatite Grafted into Rabit Bone.BMMP-8 ABSTRACTS.January 21-24.2008 Nagoya.
    2007年

    ◆Roxana S,Ejiri S,Sato T,Kurokawa K,Nomura S,Sato Y,Miyakawa O: 3D-Finite Element Analysis of Trabecular versus Non-trabecular Bone around Screw-Implant. 12th Meeting of the International College of Prosthodontists. Fukuoka,Japan. September 5-8,2007

    ◆Yamashita E,Tanaka M,Sakurai N,Roxana S,Anwar RB,Kobayashi H,Ejiri S: Micro-structural observation with μCT and histological analysis of an alveolar bone biopsy from a planned implant site. 2nd joint meeting of the Japan Prosthodontic Society and The Greater New York Academy of Prosthodonticse,Tokyo,Japan. October 20-21,2007

    ◆Satoh K,Iwaku F: Masseter architecture in a murine murid,Rattus rattus,and its evolutional advantage. 5th European congress of mammalogy,Siena,Italy. September,2007.

    2006年

    ◆Ali MN,Ejiri S,Kobayashi T,Oda K,Ohshima H,Saito C.Rat Mandibular Distraction Osteogenesis: 3D Micro CT Evaluation and Histological Analysis.7th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Suregery.Hong Kong,November 5-9,2006.

    ◆Kogaya Y,Hasegawa M,Uchida A,Doi Y.Bone response to sintered carbonate apatite grafted into rabbit femur. Sixth International symposium on BiomimeticMaterials Processing(Nagoya). January 25,2006.

    2005年

    ◆Ikegame M,Ejiri S,Yamamoto T.Morphological changes in actin cytoskeleton induced by tensile stress in mouse cranial suture. 2nd Joint Meeting of the European Calcified Tissue Society and the International Bone and Mineral Society. Geneva,Switzerland. June 25-29,2005. (Bone.2005;36 (supplement 2):S275)

    ◆Roxana S,Naoko W,Mikako T,Ejiri S,Nomura S,Miyakawa O.Peri-Implant Stress Analysis in Simulation Models With or Without Trabecular Bone Structure. The 11th Meeting of the International College of Prosthodontists (ICP),Crete (Greece) May 26,2005. (Program: page 185).

    ◆Kogaya Y,Hasegawa M,Uchida A and Doi Y.Ultrastructural feature of the multinucleated giant cells involved in the resorption processes of sintered cabonate.5th Int. Symp. BMMP-5 ,January,2005.

    ◆Satoh K,Iwaku F.Dietary adaptations of jaw muscle mechanics in New World murid genera,Onychomys and Neotoma. 9th International Mammalogical Congress. Sapporo,Japan. July,2005.

    2004年

    ◆Rezwana BA,Tanaka M,Kohno S,Ikegame M,Watanabe N,Ali MN,Ejiri S.Relationship between microstructural changes of molar alveolar bone and lumbar bone mineral density in ovariectomized monkeys,1st Asian pacific congress of bone morphometry,Takamatsu,Japan. June 26,2004. (日骨形態誌.2004;14(2):87.)

    ◆Watanabe N,Tanaka M,Rezwana B A,Ikegame M,Kohno S,Hanada K,Ejiri S.Effects of estrogen deficiency on monkey mandibular condyles,and its correlation with mechanical stress caused by mastication,1st Asian pacific congress of bone morphometry,Takamatsu,Japan. June 26,2004. (日骨形態誌.2004;14(2):87.)

    ◆Tanaka M,Watanabe N,Kohno S,Ikegame M,Rezwana BA,Ejiri S.Estrogen deficiency-induced alveolar bone loss around monkey canine,1st Asian pacific congress of bone morphometry,Takamatsu,Japan. June 25,2004. (日骨形態誌: 14(2): p103,2004).

    ◆Rezwana BA,Tanaka M,Kohno S,Ikegame M,Watanabe N,Ali MN,Ejiri S.Observation of microstructural changes in the molar alveolar bone of ovariectomized monkeys,111th Scientific Meeting of Japan Prosthodontic Society,2nd Joint Meeting of JPS and KAP,Tokyo,Japan. May 22,2004.(Jpn Prosthodont Soc.2004;48 (Special Issue): 149.)

    ◆★ DENTSPLY Award for Japan Prosthodontic Society in the 111th Congress,2004.

    ◆Ejiri S.The bone morphometry using micro-focus X-ray computed tomography (μCT) and confocal laser scanning microscopy (CLSM). Symposium “Advanced Imaging and Morphometry of Bone Tissue”. 16th International Congress of the IFAA and 109th Annual Meeting of Japanese Association of Anatomists,Kyoto,Japan,2004. 8. 22-27,2004.(Anat Sci Int.2004;79(Suppl.):109.)

    ◆Ikegame M,Ejiri S.Tensile stress-induced morphological changes in actin fibers located in the mouse cranial suture.16th International Congress of the IFAA and 109th Annual Meeting of Japanese Association of Anatomists,Kyoto,Japan,2004. 8. 22-27,2004.(Anat Sci Int.2004;79(Suppl.): 356.)

    ◆Kogaya Y,Hasegawa M,Uchida A,Doi Y.Ultrastructural characterization of tissue response to sintered carbonate apatite in rabbit bone. 4th Int. Symp. BMMP-4 ,January,2004.

    ◆Kogaya Y,Iwaku F.Defferences in the ultrastructural distribution pattern of sulfated glycoconjugates between dentine and bone. 16th Int. Congr. IFAA. August,2004.

    ◆Satoh K,Iwaku F.Anatomical implication of jaw muscles with enormous eyeball and auditory bulla in kangaroo rats,Dipodomys merriami. 16th International Congress of the IFAA. Kyoto,Japan. August,2004.

    〜2003年

    ◆Ejiri S,Gong L,Tanaka M,Ohashi N,Seki A,Ikegame M.Effects of alendronate and prostaglandin E receptor (EP4) agonist on ovariectomized monkey mandible. 1st Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and the Japanese Society for Bone and Mineral Research. Osaka Japan. June 3-7,2003.(Bone.2003;32(5) supplement:s208.)

    ◆Ejiri S,Tanaka M,Toyooka E,Tususaki H,Fukuzaki K,Miyajima S,Kohno H,Ozawa H.Structural Analysis of ovariectomized monkey mandible using micro CT. 1st Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and the European Calcified Tissue Society. Madrid,Spain. June 5-10,2001.(Bone.2001;28(5)(Supplement):s217.).

    ◆Satoh K.Cranial Feature,Field of Vision,and Head Support System in Some Semiarboreal Murids.8th International Theriological Congress,Suncity Resort,South Africa. August,2001.

    ◆Ejiri S,Sahni M,Bartkiewiez M,Neff L,Sabatokos G,Levy J,Ozawa H,Baron R.The microinjection of Cbl fusion protein affects organization of F-actin in osteoclasts. Second Joint Meeting of the American Society for Bone and Mineral research and the International Bone and Mineral Society. San Francisco,USA. 1998.(Bone.1998;23(5)(Supplement):S165.)

    ◆Ejiri S,Kazama J,Sato K,Ozawa H.Studies of the effects of iron on bone formation using electron energy loss spectroscopy (EELS). The International Confernce on Hormone and Cytokine in Bone. Osaka,Japan. September 25-27,1995.(J Bone Miner Metab.1996;14: 116.)

    ◆Ejiri S,Takaoka K,Ozawa H.Recruitment of osteoclast in ectopic bone formation induced by bone morphogenetic protein. 10th International Conference on Calcium Regulating Hormones. Montreal,Canada. Sept. 1989. (J Bone Miner Res.1989;4:212.)

    ◆Ejiri S,Ozawa H.Ultrastructural studies on the cytoskeleton of osteoclasts. 2nd International Workshop on Cells and Cytokines in Bone and Cartilage,Davos,Switzerland. April,1988.(Calcif Tiss Int.1988;42:2.)

    ◆Ejiri S,Ozawa H.Identification and characterization of the preosteoclast and its cytodifferentiation into the osteoclast: Ultrastructural and histochemical studies of rat fetal parietal bone. 8th International Conference on Calcium Regulating Hormones. "The Parathyroid Conference" Kobe,Japan. Oct. 1983.

       

    国内学会講演


    2017年<一般講演>

    ◆矢野航,渡邉竜太,佐藤和彦,薗村貴弘,江尻貞一.霊長類レッサースローロリス(Nycticebus pygmaeus)に特異的な歯周病関連菌の探索.第59回歯科基礎医学会学術大会.塩尻.9月17日.( J Oral Biosci.2017;Suppl:193.)

    ◆佐藤和彦,矢野航,渡邉竜太,薗村貴弘,江尻貞一.ネズミ科ネズミ亜科の咬筋深層構造とその進化的利点.〜キヌゲネズミ亜科との比較に基づく考察〜.日本哺乳類学会2017年度大会.富山.9月9日 (大会プログラム・講演要旨.2017:137.)

    ◆薗村貴弘,藤原多喜夫.光学顕微鏡下で精密トリミングを可能にするブレードホルダーの開発.日本顕微鏡学会2017年度大会.札幌.5月31日 (大会プログラム・講演要旨.2017:79.)

    ◆矢野 航,渡邉 竜太,佐藤 和彦,小萱 康徳,影山 幾男,江尻貞一.耳介前面上部に分布する浅側頭動脈・前耳介枝の網状走行.第122回日本解剖学会総会・全国学術集会.長崎.3月28日(第122回日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集.2017:150.)

    2016年<特別講演・シンポジウム>

    ◆佐藤和彦.「解剖教室」〜ニホンリスとタイワンリスとの解剖学的比較〜 PartU.岐阜大学.岐阜.2016年2月7日.主催:金華山えこねっと.共催:岐阜大学応用生物科学部附属野生動物管理学研究センター,岐阜県博物館

    ◆佐藤和彦.「カピバラとげっ歯類の仲間」.企画展「カピバラ -草原の支配者-」 カピバラ講演会.アクア・トトぎふ.各務原.2016年6月19日.

    2016年<一般講演>

    ◆矢野航,渡邉竜太,佐藤和彦,小萱康徳,江尻貞一.朝日大学歯学部における感染防止対策の取組みについて.解剖・組織技術研究会 第14回研修会.東京.2016年11月12日.

    ◆渡邉竜太,矢野航,佐藤和彦,小萱康徳,江尻貞一.骨細胞が反応する応力の種類・強度に関する解析.第76回中部支部学術集会.松本.2016年10月8日.

    ◆駒形香菜子,藤原敦,渡邉竜太,江尻貞一,北井則行.メカニカルストレスの変動に伴う骨細胞のsclerostin産生能の変化.第76回中部支部学術集会.松本.2016年10月8日.

    ◆佐藤和彦,矢野航,渡邉竜太,江尻貞一.聴覚器官サイズが咬筋内部構造に与える影響〜砂漠生齧歯類を用いた検討〜.第58回歯科基礎医学会.札幌.2016年8月24-26日.

    ◆渡邉竜太,矢野航,佐藤和彦,小萱康徳,江尻貞一.骨細胞が反応する応力の種類・強度についてー有限要素法と組織化学を用いた解析ー .第37回日本骨形態計測学会.新潟.2016年6月24日.(日本骨形態計測学会雑誌.2016;26(1):S133.)

    ◆田中みか子,三上絵美,田中礼,江尻貞一,小野高裕.高齢女性の下顎歯槽骨微細骨梁構造と骨代謝マーカーアディポサイトカイン・踵骨骨密度との関連 .第37回日本骨形態計測学会.新潟.2016年6月24日.(日本骨形態計測学会雑誌.2016;26(1):S126.)

    ◆矢野航,渡邉竜太,佐藤和彦,小萱康徳,江尻貞一.食道背側走行型右鎖骨下動脈と左右総頸動脈共同幹を有する大動脈弓分岐の一例.第121回日本解剖学会全国学術集会.郡山.2016年3月28日.(日本解剖学会総会・全国学術集会 講演プログラム・抄録集.2016:150.)

    ◆澤野啓一,横山高玲,吉川信一朗,田中健,加藤隆弘,蔡錫圭,張克明,盧國賢,矢野航,百々幸雄,鈴木敏彦,澤田元,中務真人,濱田穣,萩原浩明,井上登美夫,河原信隆.Studies on the crescent of foramina of the sphenoid bone.Part 1. The Fissuraorbitalis superior(FOS) in the Hominoidea. Research is from the vies point of human evolutional histry. It includes the preliminary report of the type found in a Taiwanese skull.第121回日本解剖学会全国学術集会.郡山.2016年3月28日.(日本解剖学会総会・全国学術集会 講演プログラム・抄録集.2016:125.)

    ◆矢野航,橋本千絵,清水大輔.ヒト上科霊長類における歯周病.第60回プリマーテス研究会.犬山.2016年1月30日.

    2015年<特別講演・シンポジウム>

    ◆江尻貞一.地方私立歯科大学における献体と解剖学教育の現状.歯科基礎医学会分野別分科会.日本歯科大学.東京.2015年4月25日

    ◆佐藤和彦.「解剖教室」〜ニホンリスとタイワンリスとの解剖学的比較〜.岐阜大学.岐阜.2015年11月8日.主催:金華山えこねっと.共催:岐阜大学応用生物科学部附属野生動物管理学研究センター,岐阜県博物館.(リスの体、特徴理解 岐阜大で中高生ら学習会.岐阜新聞朝刊:2015年11月19日掲載.
    [岐阜新聞Web:2015年11月19日掲載 http://www.gifu-np.co.jp/hot/20151119/201511191233_9875.shtml

    2015年<一般講演>

    ◆矢野航,辻大和.糞からみたニホンザルの冬季食性について.平成26年度 京都大学霊長類研究所共同利用研究会『豪雪地域におけるニホンザルの洞窟利用』(京都大学霊長類研究所 共同利用研究会).犬山.2015年3月7日

    ◆Yano W,Watanabe R,Satoh K,Kogaya Y,Ejiri S.Comparative anatomy of human posterior auricular muscle and cervicoauricularis muscle in mouse.第120回日本解剖学会全国学術集会、92回日本生理学会大会合同大会.神戸.2015年3月23日.(The Journal of Physiological Science.2015;65(Supplement1):S299.)

    ◆三上絵美,田中みか子,櫻井直樹,芳澤享子,荒井良明,山田一穂,江尻貞一,小野高裕.抜歯窩歯槽骨の骨梁構造および骨塩量と抜歯後経過期間との関係.日本補綴歯科学会第124回学術大会.大宮.2015年5月29-31日.(日補綴会誌,2015.;7(第124回特別号):228.)

    ◆Watanabe R,Yano W ,Satoh K,Kogaya Y,Ejiri S.Histochemical studies with finite element analysis about the type and intensity of the mechanical stress for osteocyte reaction.第57回歯科基礎医学会学術大会 .新潟.2015年9月13日.( J Oral Biosci.2015;Suppl:424.)

    ◆佐藤和彦,矢野航,渡邉竜太,小萱康徳,江尻貞一.ネズミ科齧歯類の咬筋内部構造に見られる種間変異.日本解剖学会第75回中部支部学術集会.福井.2015年10月3日.(日本解剖学会第75回中部支部学術集会 プログラム・抄録集.2015:105.)

    ◆平崎鋭矢,矢野航,Paul JOHNSON,Todd C Rae.Colobus属とPresbytis属の近縁2種間における半規管サイズの比較.第69回日本人類学会大会.東京.2015年10月11日.(第69回日本人類学会大会抄録集.2015:54.)

    ◆矢野航.ヒト科乳様突起部骨格形態進化と筋付着について.京都大学霊長類研究所第3回共同利用研究会 ヒトを含めた霊長類比較解剖学−四肢の基本構成と特殊化を探る.2015年11月21日.

    2014年<特別講演・シンポジウム>

    ◆小萱康徳.骨様象牙質−象牙質の進化を考える.第119回日本解剖学会全国学術集会.2014年3月.

    ◆矢野航,Henry G Amanda,今井啓雄,江尻貞一.古人骨歯石内に残る微化石解析.第68回日本人類学会大会.浜松.2014年11月2日.(日本人類学会大会 講演プログラム・抄録集.2014;シンポジウム:8)

    2014年<一般講演>

    ◆藤原敦,渡邉竜太,青木啓太,矢野航,駒形香菜子,佐藤和彦,小萱康徳,江尻貞一,北井則行.メカニカルストレスに対する歯槽骨骨細胞の応答とsclerostinの経時的局在変化.第178回岐阜歯科学会例会.岐阜.2014年2月15日.(岐阜歯科学会雑誌.2014;41(1):66-67.)

    ◆森田航,矢野航,長岡朋人,安部みき子,大島勇人,中務真人.ヒト大臼歯におけるエナメル質形成による形態変化.第119回日本解剖学会全国学術集会.2014年3月.

    ◆佐藤和彦,矢野航,渡邉竜太,久保金弥,小萱康徳,江尻貞一.砂漠生齧歯類・タイワンリスCallosiurus erythraeusの咬筋構造と側方への咀嚼運動との関係.第119回日本解剖学会全国学術集会.2014年3月.

    ◆厚地功誠,伊藤友里,村木智則,渡邉竜太,江尻貞一,式守道夫.ビスフォスフォネート休薬後の家兎抜歯窩治癒過程における骨形態計測学的検討.第34回骨形態計測学会学術集会.札幌.2014年6月.(日本骨形態計測学会雑誌.2014;24(2):S113.)

    ◆厚地功誠,伊藤友里,式守道夫,江尻貞一,渡邉竜太,村木智則,笠井唯克.Bisphosphonate休薬後の家兎抜歯窩治癒過程に関する骨形態計測学的研究.第69回日本口腔科学会学術集会.大阪.2014年7月.(日本口腔科学会雑誌.2014;63(3):293.)

    ◆佐藤和彦,矢野航,渡邉竜太,小萱康徳,江尻貞一.ネズミ科の咬筋深層前部にみられる内部構造の多様性.日本哺乳類学会.京都.2014年9月4-7日.

    ◆岩田明子,佐藤和彦,矢野航,江尻貞一,北井則行.ラット頭蓋成長に伴う咬筋14区画の力の大きさと方向の変化.日本咀嚼学会題25回学術大会.静岡.2014年9月.

    ◆矢野航.耳介に分布する脳神経および頸神経皮枝の比較解剖学.第2回ヒトを含めた霊長類比較解剖学−背部の基本構成と特殊化を探る− (京都大学霊長類研究所 共同利用研究会).犬山.2014年10月11日

    2013年<一般講演>

    ◆佐藤和彦,矢野航,渡邉竜太,久保金弥,小萱康徳,江尻貞一:砂漠生齧歯類・オブトアレチネズミにみられる中耳の肥大化と咀嚼筋走行との関連.第118回日本解剖学会全国学術集会.香川.ポスター.2013年3月28日.(日本解剖学会総会・全国学術集会 講演プログラム・抄録集.2013:133.)

    ◆渡邉竜太,青木啓太,藤原敦,矢野航,佐藤和彦,小萱康徳,江尻貞一: メカニカルストレスによって誘導される歯槽骨リモデリング調節機構の解明.第118回日本解剖学会全国学術集会.香川.ポスター.2013年3月29日.(日本解剖学会総会・全国学術集会 講演プログラム・抄録集.2013:155.)

    ◆岩田明子,佐藤和彦,北井則行,江尻貞一.ラット咬筋の成長に伴う14内部区画の成長パターン.第118回日本解剖学会全国学術集会.香川.ポスター.2013年3月29日.(日本解剖学会総会・全国学術集会 講演プログラム・抄録集.2013:155.)

    ◆矢野航,長岡朋人,西村剛,江尻貞一,平田和明.チンパンジー乳様突起部周辺の肉眼解剖的観察.第118回日本解剖学会全国学術集会.香川.口演.2013年3月30日.(日本解剖学会総会・全国学術集会 講演プログラム・抄録集.2013:110.)

    ◆鈴木美穂,三村親輝,山本吉則,矢野航,渡邉竜太,佐藤和彦,小萱康徳,江尻貞一.歯学研究入門「口腔解剖学分野」研究発表 硬骨魚類3種における摂食器官のメカニズム.岐阜歯科学会第176回例会.2013年6月15日.(岐阜歯科学会雑誌.2013.40(2):188-189.)

    ◆渡邉竜太,青木啓太,藤原敦,矢野航,佐藤和彦,小萱康徳,江尻貞一.メカニカルストレスによって誘導される歯槽骨改造現象の生体力学的・組織学的検索.第33回日本骨形態計測学会学術集会.浜松.口演.2013年7月5日.(日本骨形態計測学会雑誌.2013;23(1):S90.)

    ◆藤原敦,渡邉竜太,青木啓太,矢野航,佐藤和彦,小萱康徳,北井則行,江尻貞一.メカニカルストレスの変化に呼応するラット歯槽骨の SOST mRNA の発現変動.第33回日本骨形態計測学会学術集会.浜松.口演.2013年7月5日.(日本骨形態計測学会雑誌.2013;23(1):S91.)

    ◆佐藤和彦,矢野航,渡邉竜太,小萱康徳,江尻貞一.オオミユビトビネズミの咬筋内部構造 〜ネズミ上科との比較〜.第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会.岡山理科大学.2013年9月6日-9日.

    ◆渡邉竜太,青木啓太,藤原敦,矢野航,佐藤和彦,小萱康徳,北井則行,江尻貞一.メカニカルストレスによって歯槽骨に生じる応力分布とsclerostin免疫局在の変化について.第55回歯科基礎医学会学術大会・総会.岡山.2013年9月22日.(J. Oral Biosci. 2013;Suppl:204.)

    ◆藤原敦,渡邉竜太,青木啓太,矢野航,佐藤和彦,小萱 康徳,北井則行,江尻貞一.メカニカルストレスに対する歯槽骨SOSTmRNAの経時的発現変動.第55回歯科基礎医学会学術大会・総会.岡山.2013年9月22日.(J Oral Biosci.2013;Suppl:203.)

    ◆小萱康徳,渡邉竜太,矢野航,佐藤和彦,江尻貞一.急速凍結固定軟骨基質における硫酸化複合糖質の超微可視化.第73回日本解剖学会中部支部学術集会.山梨.2013年10月5日.(第73回日本解剖学会中部支部学術集会 プログラム・抄録集.2013:18.)

    ◆矢野航,渡邉竜太,佐藤和彦,小萱康徳,中務真人,江尻貞一.X線蛍光分析器を用いた歯石表面の元素構成比率計測の試み.第67回日本人類学会大会.茨城.2013年11月3日.

    2012年<特別講演・シンポジウム>

    ◆佐藤和彦.哺乳類の頭骨のかたちの意味を探る.2012年5月2日.学校設定科目「スーパーサイエンスU」.名城大学附属高等学校.愛知. ).

    ◆佐藤和彦.齧歯類における咬筋構造と顎運動の多様性.シンポジウム「脊椎動物の形態進化−発生学,古生物学,形態学の視点から−」.第14回日本進化学会.八王子.2012年8月23日.

    ◆佐藤和彦.咀嚼筋の形態的特徴を決めるもの〜齧歯類を中心に〜. 自由集会「哺乳類の 基礎生物学.肉眼解剖学で捉える機能形態学」.日本哺乳類学会2012年.2012年9月21日. 度大会.相模原.

    ◆佐藤和彦.骨連続講座 「骨の形から生きざまを探る」.岐阜県博物館.岐阜.市民公開講座.2011年10月-2012年4月(全7回

    2012年<一般講演>


    ◆佐藤和彦,森部絢嗣,渡邉竜太,小萱康徳,久保金弥,江尻貞一.砂漠生齧歯類2種における咬筋層構造と聴胞肥大化との関係.2012年3月26日.第117回日本解剖学会総会・全国学術集会.山梨.ポスター. (第117回日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集:134.)

    ◆小萱康徳,佐藤和彦,渡邉竜太,森部絢嗣,久保金弥,江尻貞一.現生硬骨魚類ポリプテルスPolypterus Senegalus およびオキシドラス Oxydoras nigar の鱗の象牙質用組織における硫酸化複合糖質.2012年3月27日.第117回日本解剖学会総会・全国学術集会.山梨.ポスター (第117回日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集:160.)

    ◆大藪友嗣,平出朋洋,渡邉竜太,佐藤和彦,小萱康徳,江尻貞一.歯学研究入門「口腔解剖学分野 解剖学」研究発表 魚類と鳥類の顎筋に関する肉眼解剖学的研究. 岐阜歯科学会第173回例会.2012年6月16日

    ◆矢野航,Gunz P,Mitteroecker P,高野智,江木直子,荻原直道,西村剛.準標識点を用いたマントヒヒとニホンザルの性差を形成する頭蓋骨形成異時性の比較研究.第28回日本霊長類学会大会.名古屋.2012年7月.

    ◆西村剛,矢野航,伊藤毅,Ebbestad JOR,Vivianne BD,高井正成.大型ヒヒ族Procynocephalus wimani(中期更新世、中国)の鼻腔構造とその系統的位置について.第28回9日本霊長類学会大会.名古屋.2012年7月

    ◆海部陽介,金子剛,清水大輔,矢野航,西村剛:原人に生理的早産はあったか?―ホモ・フロレシエンシスの頭骨化石からの示唆.第28回日本霊長類学会大会.名古屋.2012年7月

    ◆小萱康徳,渡邉竜太,佐藤和彦,江尻貞一.硫酸化GAGs可視化におけるHID-TSH-SP染色法の応用.第54回歯科基礎医学会学術大会.郡山.ポスター.2012年9月.(Journal of Oral Biosciences. SupplementSep.2012:165. )

    ◆佐藤和彦,森部絢嗣,渡邉竜太,久保金弥,小萱康徳,江尻貞一.インドオオアレチネズミの咬筋走行と食性との関係.第54回歯科基礎医学会学術大会.郡山.ポスター. 2012年9月.(Journal of Oral Biosciences. SupplementSep.2012:168. )

    ◆伊藤友里,式守道夫,江尻貞一,渡邉竜太,厚地功誠.Bisphosphonate休薬後のウサギ抜歯窩治癒過程について.第14回日本骨粗鬆症学会.2012年9月(Osteoporosis Japan.2012;20(Suppl.1):230.)

    ◆矢野航,江木直子,高野智,荻原直道,西村剛,江尻貞一.ニホンザル頭蓋顔面骨格形態形成パターンの種内比較−基幹集団と島嶼矮小型集団の頭蓋顔面形態の違いはいかにして生じるか−.2012年10月14日.日本解剖学会第72回中部支部学術集会.岐阜.口演.

    ◆青木啓太,藤原敦,渡邉竜太,矢野航,佐藤和彦,小萱康徳,北井則行,江尻貞一.歯科矯正学的歯の移動時における歯槽骨骨細胞sclerostinの局在変化について.2012年10月14日.日本解剖学会第72回中部支部学術集会.岐阜.口演.

    ◆西本篤史、矢野航、芳賀拓真、白山義久.深海に流入した木片における生物侵蝕過程.2012年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会.東邦大学.2012年10月.

    ◆矢野航,江木直子,高野智,荻原直道,西村剛.霊長類3種の頭蓋顔面形態形成の比較研究.第66回日本人類学会大会.横浜.2012年11月.

    ◆森田航,矢野航,長岡朋人,中務真人.ヒト上顎第一大臼歯、第二乳臼歯歯冠形態構造のモジュール性. 第66回日本人類学会大会.横浜.2012年11月.

    ◆西村剛,矢野航,伊藤毅.ヒヒ族霊長類における上顎洞の形成について.第66回日本人類学会大会.横浜.2012年11月.

    2011年<特別講演・シンポジウム>

    ◆小萱康徳,渡邉竜太,森部絢嗣,佐藤和彦,江尻貞一.上皮性硬組織における硫酸化複合糖質の組成と分布様式の多様性.第52回歯科基礎医学会学術大会.岐阜.サテライトシンポジウム.2011年9月30日. (J Oral Biosci.2011;53(Supplement):98.)

    2011年<一般講演>

    ◆伊藤友里,式守道夫,江尻貞一,細原政俊,渡邉竜太,厚地功誠,村木智則,笠井唯克,田中四郎.Bisphosphonate休薬後のウサギ抜歯窩治癒過程について.2011年10月22日.第56回日本口腔外科学会学術集会.大阪.口頭発表.(Jpn J Oral Maxillofac Surg.2011.57(Supplement):162.)

    ◆佐藤和彦,森部絢嗣,渡邉竜太,久保金弥,小萱康徳,江尻貞一.砂漠性齧歯類2種にみられる側頭筋退縮の補完メカニズム.2011年10月16日.第71回日本解剖学会中部支部学術集会.岐阜.口頭発表.(解剖学雑誌.2012;87(1):14.)

    ◆小萱康徳,佐藤和彦,渡邉竜太,森部絢嗣,久保金弥,江尻貞一.オキシドラス Oxydoras niger 骨板の組織学的特徴.2011年10月2日.第52回歯科基礎医学会学術大会.岐阜.ポスター. (Journal of Oral Biosciences.Vol.53. Supplement:182,Sep.2011. )

    ◆佐藤和彦,森部絢嗣,渡邉竜太,久保金弥,小萱康徳,江尻貞一.アカネズミの咬筋深層および内側層を構成する区画の相対成長.第52回歯科基礎医学会学術大会.岐阜.ポスター. (Journal of Oral Biosciences.Vol.53. Supplement:182,Sep.2011. )

    ◆清水雄太,加藤裕也,堀田康明,渡邉竜太,佐藤和彦,小萱康徳,江尻貞一.歯学研究入門「口腔解剖学分野 解剖学」研究発表 走査型電子顕微鏡を用いた昆虫の摂食器官の観察. 岐阜歯科学会第170回例会.2011年6月18日

    ◆森部絢嗣.トガリネズミ科動物の染色体.増補版食虫類の自然史11.「スンクスの生物学」にみる食虫類学の進展.口頭.日本哺乳類学会2011年度大会(2011年9月8-11日,宮崎大学,宮崎).

    ◆菊地文一,森部絢嗣.飼育下カワネズミChimarrogale platycephalusの出産育仔と妊娠の成功例.口頭.日本哺乳類学会2011年度大会(2011年9月8-11日,宮崎大学,宮崎).

    ◆佐藤和彦,森部絢嗣,渡邉竜太,小萱康徳,江尻貞一,中田圭亮.エゾヤチネズミとムクゲネズミの頭骨形態の比較〜近縁種の同所的分布を可能にする形態的要因〜.ポスター.日本哺乳類学会2011年度大会(2011年9月8-11日,宮崎大学,宮崎).

    ◆?田宏和,城ヶ原貴通,森部絢嗣,織田銑一.アフリカヤマネ(Graphiurus murinus)の繁殖成績と日周活動.ポスター.日本哺乳類学会2011年度大会(2011年9月8-11日,宮崎大学,宮崎).

    ◆矢野航,高野智,江木直子,荻原直道.出生前後における頭蓋骨成長様式の変化.第24回日本霊長類学会第27回学術大会,犬山,2011年7月.

    ◆矢野航,荻原直道.島嶼化に伴うヤクシマザル(Macaca fuscata yakui)頭蓋骨の小型化と形状の特殊化.第65回日本人類学会大会,沖縄,2011年11月.

    ◆森田航,矢野航,中務真人.上顎第一大臼歯歯頚線を用いた幾何学的形態解析.第65回日本人類学会大会.沖縄.2011年11月.
    2010年<特別講演・シンポジウム>

    ◆瀬藤光利,森部絢嗣,久保亜紀子,財満信宏,涌井昌俊.質量顕微鏡法の開発と確立.日本顕微鏡学会バイオメディカルニューマイクロスコープ分科会平成21年度シンポジウム講演会BMNM2010.特別講演.東京.2010年1月18日

    2010年<一般講演>


    ◆小萱康徳,佐藤和彦,渡邉竜太,森部絢嗣,久保金弥,江尻貞一.オキシドラス Oxydras niger 骨板の微細構造.口頭.日本解剖学会 第70回中部地方会.岐阜. 2010年10月16-17日.

    ◆小萱康徳,佐藤和彦,渡邉竜太,森部絢嗣,久保金弥,江尻貞一.オキシドラスOxydras niger骨板の微細構造.ポスター.第52回歯科基礎医学会学術大会. 東京. 2010年9月20-22日.

    ◆小萱康徳,佐藤和彦,久保金弥,江尻貞一.オキシドラスOxydras niger の骨板の組織構造.日本解剖学会 岩手県民会館 2010年3月

    ◆久保金弥,小萱康徳,佐藤和彦,江尻貞一,唐沢延幸.咬合不全は海馬の老化を促進させる. 日本解剖学会 岩手県民会館 2010年3月

    ◆佐藤和彦,小萱康徳,久保金弥,江尻貞一.タイワンリスにおける咬筋深層走行と咀嚼様式との関係. 日本解剖学会 岩手県民会館 2010年3月

    ◆佐藤和彦,森部絢嗣,渡邉竜太,小萱康徳,久保金弥,江尻貞一.齧歯類における咬筋深層走行と咀嚼運動方向との関係.ポスター.第52回歯科基礎医学会学術大会. 東京. 2010年9月20-22日.

    ◆佐藤和彦,森部絢嗣,渡邉竜太,小萱康徳,久保金弥,江尻貞一.オオミユビトビネズミ Jaculus orientalis の側頭筋退縮を補完するメカニズム.ポスター.日本哺乳類学会2010年度大会(2010年9月17-20日,岐阜大学,岐阜).

    ◆森部絢嗣.カワネズミはどうなのか〜愛知のホットスポット奥三河を例に〜.増補食虫類の自然史10 日本産食虫類のレッドリスト再点検.口頭.日本哺乳類学会2010年度大会(2010年9月17-20日,岐阜大学,岐阜).

    ◆森部絢嗣.トガリネズミはどうか.増補食虫類の自然史10 日本産食虫類のレッドリスト再点検.口頭.日本哺乳類学会2010年度大会(2010年9月17-20日,岐阜大学,岐阜).

    ◆森部絢嗣,安井謙介,稲垣考俊,渡邉竜太,佐藤和彦,小萱康徳,江尻貞一.ヒミズUrotrichus talpoidesの帯状部分白化個体.ポスター.日本哺乳類学会2010年度大会(2010年9月17-20日,岐阜大学,岐阜).

    ◆瀬藤光利,森部絢嗣.老化と医工学.日本医工学治療学会第26回学術大会.東京都新宿区.2010年4月3日.

    2009年<特別講演・シンポジウム>

    ◆江尻貞一.「骨粗鬆症と顎骨動態」−エストロゲン欠乏やビスホスホネート投与による顎骨変化−.第52 回 NPO 法人日本口腔科学会中部地方部会,岐阜市,2009年11月7日.

    ◆佐藤和彦.齧歯類における咀嚼筋と感覚器官の位置関係がもたらすもの.名古屋哺乳類研究会 名古屋大学 2009年12月.

    2009年<一般講演>


    ◆Kubo K,Satoh K,Kogaya Y,Ejiri S.Molarless-induced change of spine in hippocampal region of SAMP8 mice.第51回歯科基礎医学会,新潟コンベンションセンター朱鷺メッセ,2009年9月

    ◆Kubo K,Satoh K,Kogaya Y,Ejiri S.The bite-rised condition in aged SAMP8 mice induses dendritic spine change in the hippocampal region.浜松,日本解剖学会第69回中部地方会,2009.

    ◆Kubo K,Satoh K,Kogaya Y,Ejiri S.The molarless condition in aged SAMP8 mice reduces hippocampal inhibition of the hypothalamic-pituitary-adrenal axis.2009年3月 第114回日本解剖学会

    ◆佐藤和彦,小萱康徳,久保金弥,江尻貞一.セスジネズミ属Apodemus 2種における大後頭孔角度と視野への影響.日本哺乳類学会.台湾大学.2009年11月.

    ◆Satoh K,Kogaya Y,Kubo K,Ejiri S.Structure and direction of masticatory muscles as herbivorous adaptations in Neotoma mexicana (Rodentia,Mammalia). 歯科基礎医学会,新潟コンベンションセンター朱鷺メッセ,2009年9月.

    ◆山下絵美,田中みか子,松尾朗,野村修一,江尻貞一.歯槽骨生検試料を用いた全身骨動態スクリーニングの試み.第29回日本骨形態計測学会,大阪,2009年5月28-30日.

    2008年<一般講演>

    ◆Kubo K,Satoh K,Kogaya Y,Ejiri S.The corticosterone synthesis inhibitor metyrapone prevents bite-raising induced impairment.2008年10月 日本解剖学会第68回中部地方会.

    ◆佐藤和彦,Ken P Aplin,小萱康徳,久保金弥,江尻貞一.ヒロバネズミ(ネズミ科ネズミ亜科)の咀嚼筋にみられる草食性適応 〜ハタネズミ類の形態適応様式との相違〜日本哺乳類学会 山口大学 2008年9月

    ◆Satoh K,Kogaya Y,Kubo K,Ejiri S.Variability of masseter architecture through muroid rodent evolution. 歯科基礎医学会,TOC有明 2008年9月.

    ◆Kubo K,Satoh K,Kogaya Y,Ejiri S.Changes in GFAP-immunoreactive astrocytes induced by the bite-raised condition in aged SAMP8.2008年9月 第50回歯科基礎医学会.

    2007年<特別講演・シンポジウム>

    ◆江尻貞一.「破骨細胞の一生overview」若手のための形態学シンポジウム―機能の理解は形態の理解から―シリーズ 4 破骨細胞の一生:細胞分化から細胞死まで. 第49回歯科基礎医学会学術大会・総会,北海道大学 学術交流会館大講堂,8/29-31. 2007.

    2007年<一般講演>

    ◆佐藤和彦,岩久文彦.ネズミ科アレチネズミ亜科の咀嚼筋重量とその意義. 日本哺乳類学会 東京農工大学 2007年9月

    ◆江尻貞一,田中みか子,山下絵美,川瀬晃道.テラヘルツ波を用いた硬組織のイメージング. 第49回歯科基礎医学会学術大会・総会 北海道大学. 8月29-31日.2007.

    2006年<一般講演>

    ◆江尻貞一,田中みか子,渡辺直子,山田一穂,池亀美華.Bisphosphonate 投与サル顎骨の骨細胞死に関する形態計測学的研究.第48回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会,鶴見,2006年9月21〜23日. (J Oral Biosci.2006;48(supplement):162.)

    ◆佐藤和彦,岩久文彦.砂漠性齧歯類・カンガルーネズミにおける咬筋内側層眼窩下部の役割〜眼球および聴砲の肥大化が咀嚼メカニズムに及ぼす影響〜. 日本哺乳類学会 京都大学 2006年9月

    ◆江尻貞一,田中みか子,渡辺直子,山田一穂,池亀美華.Bisphosphonate に起因する顎骨壊死についての基礎的検討. 第26回日本骨形態計測学会,新潟,2006年7月27〜29日. (日本骨形態計測学会雑誌.2006;16(2):s121.)

    2005年<特別講演・シンポジウム>

    ◆江尻貞一.μCTを用いた顎骨骨動態の検索.シンポジウム「マイクロCTで何が見えるか」.日本顕微鏡学会題66回学術講演会,つくば国際会議場,2005,6,1-3,(講演概要集.2005:42.)

    ◆佐藤和彦,岩久文彦: アメリカネズミ亜科の咬筋内部構造と食性適応. シンポジウム「新時代の動物解剖学」日本解剖学会,富山医科薬科大学 2005年3月.

    2005年<一般講演>

    ◆Kogaya Y and Iwaku F.Ultrastructural localization of sulfated glycoconjugates in dentine and bone of the ganoid scales of Polypterus senegalus. 2005-Sino-Japanese conference on stomatology (Shanghai) November 2005

    ◆小萱康徳,岩久文彦.原始的魚類の鱗の象牙質と哺乳類象牙質における硫酸化複合糖質の局在様式の比較検討. 第110回日本解剖学会中部地方会(金沢)2005年10月23日.

    ◆小萱康徳,佐藤和彦,久保金弥,岩久文彦.Polypterus senegalusの鱗における硫酸化複合糖質の超微局在.岐阜歯科学会.2005年2月.

    2004年<特別講演・シンポジウム>

    ◆江尻貞一.カルシトニンの骨に及ぼす効果 −形態学的検討−.第3回カルシトニン/副甲状腺ホルモン研究会 東京,12.13,2003. (予稿集 14-16,2004)

    ◆江尻貞一.骨粗鬆症とその顎骨への影響.東京医科歯科大学歯学部D3特別講義 東京 1. 15 2004.

    ◆江尻貞一.骨粗鬆症と顎骨.鹿児島大学歯学部 歯学研究科生命科学イブニングセミナー,鹿児島,11. 2,2004.

    ◆佐藤和彦,岩久文彦.肉食性齧歯類・キタバッタマウスの咀嚼筋とその機能的特性.日本哺乳類学会 東京農業大学 2004年10月.

    2004年<一般講演>

    ◆小萱康徳,岩久文彦.Polypterus senegalusの鱗の組織構造,組成および形成様式. 岐阜歯科学会 2004年2月

    〜2003年<特別講演・シンポジウム>

    ◆江尻貞一.エネルギー損失分光法.第14回 分析電顕懇話会 「分析電顕の現状と将来」アクロス福岡 602 会議室,2003-3-31世話人:高屋憲一,江尻貞一,大門健夫

    ◆江尻貞一.エストロゲン欠乏によって生じるサル顎骨の構造変化─マイクロCTを用いた骨形態計測学的析─. Workshop II,Bone morphometry 最前線,第43回日本歯科放射線学会総会・学術大会,長崎,2002-10-16,(同学会プログラム集:22,2002)

    ◆江尻貞一.マイクロCTと共焦点レーザー顕微鏡を併用した骨組織形態計測.テクニカルワークショップ「硬組織形態学技法のトピックス」.第106回日本解剖学会総会・全国学術集会,2001年4月4日,高知,解剖学会誌,77 (No 1): 55,2001.

    ◆佐藤和彦.ネズミ類の筋突起形状が意味するもの−キヌゲネズミ亜科とハタネズミ亜科の比較から−.自由集会「かたちの学校(7)」 日本哺乳類学会,琉球大学 2001年10月.

    ◆江尻貞一,田中みか子,宮林信次,馬場則夫,小澤英浩.マイクロCT画像を用いたサル顎骨の構造解析.シンポジウム「マイクロCTによる硬組織の三次元構造解析」日本電子顕微鏡学会題56回学術講演会,2000年5月17-19日,東京,電子顕微鏡 35(S1): 258,2000.

    ◆江尻貞一.マイクロCTと共焦点レーザー顕微鏡を用いた組織形態計測.シンポジウム「種々の形態計測法」.第20回日本骨形態計測学会,2000年6月23-24日,長崎

    ◆江尻貞一.エストロゲン欠乏による顎骨の構造変化.第8回バイオミネラリーション国際研究集会プレシンポジウム「硬組織・バイオミネラルのつくりと働き」.2000年10月 14 日,新潟

    ◆江尻貞一,小澤英浩.μCTと共焦点レーザー顕微鏡を用いた卵巣摘出ラット歯槽骨の形態計測学的研究.ミニシンポジウム(硬組織の3次元構造解析).第104回日本解剖学会総会 1999 年3月 29-31日 杏林大学(東京).プログラム予稿集 p40 (M11-2)

    ◆小澤英浩,星和人,入江一元,中村浩彰,網塚憲生,江尻貞一.骨組織の再建ー微細構造学的・細胞化学的特徴ー.第104回日本解剖学会総会 1999 年3月 29-31日 杏林大学(東京).プログラム予稿集 p12 (S2-1)

    ◆江尻貞一: 硬組織研究の現状と各種研究技術 -硬組織分野における各種研究法の基礎と実際-. 第2回硬組織研究セミナー  1999年8月 28 日29日 電通生協会館(東京)

    ◆江尻貞一,小澤英浩.マイクロCTを用いた硬組織の形態解析.平成11年度 SCSセミナー.1999年10月 12日 新潟大学(新潟).

    ◆江尻貞一,小澤英浩.石灰化組織の三次元構造解析:Micro CT の応用.日本電子顕微鏡学会第44回シンポジウム C-I. 硬組織の電顕技法 - 最近の話題から.1999年11月17-19日 順天堂大学(東京).

    ◆星和人,江尻貞一,小澤英浩.Electron energy loss spectroscopy (EELS) による生物学的石灰化現象の解析. 日本電子顕微鏡学会 第44回シンポジウム  C-I. 硬組織の電顕技法 - 最近の話題から,1999年11月17-19日順天堂大学(東京).

    ◆江尻貞一.卵巣摘出による顎骨微細構築の変化. 第15回形態科学シンポジウム「硬組織形態科学の最近の進歩」(1)硬組織の立体微細形態 1999年11月20日 神奈川歯科大学(神奈川)

    ◆Ejiri S,Ozawa H.Cellular Events on Bone Remodeling Healthpotential and Periodontal Treatment. 47th Annual meeting of Japanease Association for Dental Research. November 27-28,1999,Kobe,Hyogo.

    ◆江尻貞一,佐々木朝代,監物新一,坂井日出男,入江一元,小澤英浩.卵巣摘出ラットにおけるメナテトレノン投与効果に関する組織学的検討.第3回Vitamin K & Bone 研究会,1999年11月13日 全社協・灘尾ホール(東京).

    ◆佐藤和彦.ネズミ類の視野と頭骨の形態.自由集会「かたちの学校(5)」 日本哺乳類学会,名古屋大学 1999年10月.

    ◆Ejiri S.The New Development of the Morphological Research on the Mineralized Tissue. "The application of electron energy loss spectroscopy ( EELS) to the research of bone tissue." 98 Korean Academy Oral Biology International Symposium " The Biology of Osteoinductive Factors and Its Clinical Application" Main Auditorium,Dental Hospital,Seoul National University,June 12,1998.

    ◆江尻貞一.EELSの硬組織研究への応用.VII. 共通セッション EELS研究の最前線.日本電子顕微鏡学会第43回シンポジウム 1998年10月29日 千葉,(電子顕微鏡.1998;33(suppl 2):17-20.)

    ◆江尻貞一.実験動物の骨構造解析へのμCTの応用.XI.μCTを用いた骨形態の観察. 日本電子顕微鏡学会第43回シンポジウム 1998年10月30日 千葉,(電子顕微鏡.1998;33(suppl 2):145-148.)

    ◆佐藤和彦.ネズミ類の咀嚼筋と頭骨−機能と類縁を比べて−. 自由集会「哺乳類の類縁を探る〜比較形態からのアプローチ〜」 日本哺乳類学会,富岡市中央公民館 1998年10月.

    ◆佐藤和彦.機能的システムとしての咀嚼系−ネズミ類を例として−. 自由集会「かたちの学校(4)」 日本哺乳類学会,富岡市中央公民館 1998年10月.

    ◆Ejiri S.Application of electron spectroscopic imaging to the research of hard tissue. The Asian Science Seminar on New Direction in Transmission Electron Microscopy and Nano-characterization of Materials.A seminar in commemoration of the 20th anniversary of the HVEM Laboratory of Kyushu University.Under the Auspices of Kyushu University and the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS). Organized by Laboratory of High Voltage Electron Microscopy,Kyushu University. March 17-26,1997. Fukuoka,Japan.

    ◆江尻貞一.エネルギーフィルター(EELS) TEMを用いた生物試料の観察.日本電子顕微鏡学会関東支部第20回講演会 1996年3月15-16日 東京.

    ◆Ejiri S and Ozawa H.Image analysis of hard tissue using conforcal laser scanning microscopy (CLSM) and electron energy loss spectroscopy (EELS). Workshop/technical seminars "chemistry of Hard Tissue" Xth International Congress on Histochemistry and Cytochemistry,1996,August 18-23,Kyoto. (Histochemistry and Cytochemistry 1996,ed by T. Saito. Proceedings of Xth International Congress on Histochemistry and Cytochemistry.1996:378-379.)

    ◆江尻貞一,中村浩彰,小澤英浩.共焦点レーザー顕微鏡による硬組織試料の観察.ミニシンポジウム「共焦点レーザー顕微鏡(生物応用)」日本電子顕微鏡学会第51回学術講演会 1995年 5月 堺.

    ◆水平敏知,長谷川博司,小澤英浩,江尻貞一.EELS分析の生物医学的応用の基礎ー元素,特に細胞内電解質イオンの局在・分布の画像化ー.「EElS (生物)」指定講演 日本電子顕微鏡学会第51回学術講演会 1995年 5月 堺.

    ◆江尻貞一,小澤英浩.骨粗鬆症実験モデルに関する形態学的知見. シンポジウム2 Osteoporosisの基礎と臨床第10回日本整形外科学会基礎学術集会 1995年10月 軽井沢

    ◆江尻貞一.骨の微細形態学的検索法. 学術研究部会電顕フォーラム「骨および皮膚組織の試料作成方法と病理診断への応用」第49回日本電子顕微鏡学会学術講演会 1993年5月 神戸

    ◆江尻貞一,小澤英浩.招待講演 共焦点レーザー顕微鏡による硬組織の観察法.コンフォーカル488サマーシンポジウム.日本電子顕微鏡学会共焦点レーザー顕微鏡研究会主催 1993年8月 赤木.

    ◆江尻貞一.共焦点レーザー走査顕微鏡および走査電子顕微鏡を用いた解析.シンポジウム「種々の骨形態計測法の応用と比較ー卵巣摘出ラットをめぐって」第13回日本骨形態計測学会 1993年7月 東京.

    ◆江尻貞一,小澤英浩.破骨細胞の構造と機能.シンポジウム「Bone Cell Biologyと電顕の新展開」日本電子顕微鏡学会関東支部会講演会 1992年3月 東京 (同講演会予稿集 72ー73,1992).

    ◆小澤英浩,江尻貞一,中村浩彰,入江一元,入江美華,網塚憲生.破骨細胞の分化・活性化と骨芽細胞系細胞との相互作用.シンポジウム「Bone Cell Biology   と電顕の新展開」日本電子顕微鏡学会関東支部会講演会 1992年3月 東京.(同講演会予稿集 80-81,1992.)

    ◆江尻貞一.骨形態計測への共焦点レーザー顕微鏡の応用について. シンポジウム「骨代謝における骨形態計測の応用と展望」第10回日本骨代謝学会 1992年7月 東京.

    ◆小澤英浩,江尻貞一.骨の老化の形態学.シンポジウム「老化」第23回日本医学会総会 1991年4月 京都. (第23回日本医学会総会会誌.1991:181.)

    ◆江尻貞一.骨吸収と破骨細胞.第4回骨形態計測実技講習会.1990年8月.新潟.

    ◆Ejiri S,Ozawa H.Mechanical Stress and Bone Remodelling.3rd Nihon University Intl Symposium on Aerospace Science.April 1990,Tokyo.

    ◆江尻貞一,小澤英浩.骨吸収機構に関する微細構造学的研究.シンポジウム「骨形成因子および骨吸収因子をめぐる諸問題」第4回日本骨代謝学会.1986年8月.東京.

    ◆江尻貞一.破骨細胞の分化はどのように制御されているかー形態学の立場からー.シンポジウム「骨(軟骨)形成と骨吸収の研究の新しいアプローチ」第28回歯科基礎医学会総会.1986年9月.東京.

    ◆Ejiri S: Ultrastructural aspects on the differentiation of osteoclasts Symposium 「Bone Resorption 32nd Annual Meeting of Japanese Association for Dental Reserch Nov. 1984,Niigata. (Dental Res. 64: 736,1985).

    ◆江尻貞一,小澤英浩.破骨細胞の分化誘導に関する微細構造学的研究.ワークショップ8 「硬組織の動態と炎症」 第6回日本炎症学会 1985年7月 東京 (同プログラム予稿集:188,1985).

    ◆Satoh K,Iwaku F.Anatomy of masseter in Old World hamster.日本解剖学会,アクロス福岡 2004年4月.

    〜2003年<一般講演>

    ◆Kogaya Y,Iwaku F.Ultrastructure of rat odontoblast processed by high-pressure freezing/freeze substitution.第108回日本解剖学会総会,2003年4月.

    ◆長谷川正裕,土井裕,小萱康徳,須藤啓広,内田淳正.焼結炭酸含有アパタイトを吸収する破骨細胞の電顕による観察. 日本バイオマテリアル学会 2003年12月.

    ◆Satoh K,Iwaku F.Comparison of masticatory muscle masses between cricetine and murine murids. 歯科基礎医学会,ホテルメトロポリタン盛岡 2003年9月

    ◆佐藤和彦,岩久文彦.アラゲコトンラットおよびシカマウス(ネズミ科アメリカネズミ亜科)の咬筋内部構造. 日本哺乳類学会,岩手大学 2003年9月

    ◆江尻貞一,宮琳,田中みか子,大橋直子,関あずさ,池亀美華.Alendronate とprostaglandin E (EP4) agonist のが骨粗鬆化に対する予防効果−加齢に伴う顎骨反応−. 108回日本解剖学会第総会・学術集会 (解剖学雑誌 78 Supplement,191,2003)

    ◆佐藤和彦,岩久文彦.キヌゲネズミ亜科の側頭筋形態. 岐阜歯科学会,朝日大学 2003年2月

    ◆江尻貞一,宮琳,田中みか子,大橋直子,池亀美華.顎骨粗鬆化に対するAlendronateと prostaglandin E receptor (EP4) agonist の影響. 第44回歯科基礎医学会,2002-10-4東京,(歯科基礎誌 44(5): 435,2002).

    ◆Kogaya Y,Iwaku F.Rat odontoblasts as revealed by high-pressure freezing followed by freeze-sbstitution.第44回歯科基礎医学会総会(東京医科歯科大学)2002年10月

    ◆佐藤和彦.力学的モデルに基づくアカネズミ(Apodemus speciosus)の咬合時における咀嚼筋機能の推定.岐阜歯科学会,朝日大学 2002年2月.

    ◆佐藤和彦,本川雅治,木村俊介,奥山雄大,東樹宏和.木津川周辺のアブラコウモリにおける気象条件と活動パターンとの関係. 日本哺乳類学会,富山大学 2002年11月

    ◆江尻貞一.μCTと共焦点レーザー顕微鏡を併用した骨組織態計測. 第106回日本解剖学会総会・全国学術集会,2001年4月2-4日高知 .(解剖学会誌.2001;77 (1): 55.)

    ◆Kogaya Y,Kubo K,Iwaku F.The ganoine membrane of the scales of Polypterus senegalus a labyrinth-like structure. 第106回日本解剖学会総会(高知医科大学),2001年4月.

    ◆小萱康徳,久保金弥,岩久文彦,清水永守.ネコ歯胚におけるヒアルロン酸の超微局在. 第43回歯科基礎医学会,2001年9月.

    ◆小萱康徳,久保金弥,岩久文彦.ネコ歯胚におけるヒアルロン酸の分布様式. 第61回日本解剖学会中部地方会(藤田保健衛生大学),2001年10月.

    ◆佐藤和彦,伊藤徹魯,岩久文彦.ネズミ科齧歯類にみられる咬合様式と咬筋深層停止部との関係. 歯科基礎医学会,大宮ソニックシテイ 2001年9月.

    ◆佐藤和彦,岩久文彦.キヌゲネズミ亜科4属の顎二腹筋形態.日本哺乳類学会,琉球大学2001年10月.

    ◆Ejiri S,Tanaka M,Kohno S,Ozawa H.Structural analysis of ovariectomized monkey mandible using μCT. 第105回日本解剖学会総会・全国学術集会,2000年3月29-31日,横浜. (解剖学雑誌.2000;75(1):78.)

    ◆江尻貞一,田中みか子,宮林信次,馬場則夫,小澤英浩:マイクロCT画像を用いたサル顎骨の構造解析. 56回日本電子顕微鏡学会学術講演会,2000年5月17-19日,東京 (電子顕微鏡.2000;35(S1):258.)

    ◆江尻貞一,田中みか子,豊岡英一,角崎英志,福崎好一郎,宮島宏彰,宮林信次,馬場則男,河野正司,小澤英浩.卵巣摘出によるサル顎骨の変化  ― μCTを用いた2次元的・3次元的解析―. 第20回日本骨形態計測学会,2000年6月23-24日,長崎.(日骨形態誌.2000;10(1):s39.)

    ◆江尻貞一,田中みか子,河野正司,小澤英浩.エストロゲン欠乏によるサル顎骨の構造変化 ─マイクロCTを用いた解析─. 第42回歯科基礎医学会総会,2000 年9月30日-10月1日 .(歯科基礎誌.2000;42(5):112.)

    ◆佐藤和彦.樹上性ネズミ亜科の頭骨の形態とその意義−空間的視野の確保と頭部を支えるメカニズムとの機能的関連性−. 日本哺乳類学会,大阪市立大学 2000年10月

    ◆佐藤和彦.旧世界ハムスター類の咀嚼筋の解剖学的特徴. 日本哺乳類学会,名古屋大学 1999年10月

    ◆Ejiri S.The New Development of the Morphological Research on the Mineralized Tissue. "The  application of electron energy loss spectroscopy ( EELS) to the research of bone tissue." 98 Korean Academy Oral Biology International Symposium " The Biology of Osteoinductive Factors and Its Clinical Application" Main Auditorium,Dental Hospital,Seoul National University,June 12,1998

    ◆小萱康徳.エナメロイドとエナメル質の硫酸化複合糖質.第40回歯科基礎医学会総会(愛知学院大学)1998.

    ◆小萱康徳.ミトコンドリア顆粒内には硫酸化複合糖質が存在する.第40回歯科基礎医学会総会(愛知学院大学)1998.

    ◆佐藤和彦.ネズミ科にみられるBilateral chewingの進化的意義−咀嚼筋活動レベルと顎関節に生じる負荷との関係からみた考察−. 日本哺乳類学会,富岡市中央公民館 1998年10月

    ◆小萱康徳.幼生期イモリの歯の発生と免疫組織化学的特徴. 第102回日本解剖学会(愛知医科大学) 1997.

    ◆佐藤和彦.incision時に下顎骨に働く力のバランスから見たネズミ類の咀嚼筋機能. 日本咀嚼学会,鶴見大学 1997年9月

    ◆佐藤和彦.ネズミ類の内側翼突筋の作用方向の機能的意義−incision時に下顎骨上に働く筋力のバランスの観点から−. 日本哺乳類学会,北海道大学1997年10月

    ◆江尻貞一.超薄切片の元素分析(電子分光分析法). 第2回硬組織研究技術講習会,1996年9月22日,23日,東京慈恵会医科大学 (J. Hard Tissue Biology 6: No 4,  1997).

    ◆江尻貞一.エネルギーフィルター(EELS)TEMを用いた生物試料の観察. 日本電子顕微鏡学会関東支部 第20回講演会 1996年3月15日-16日 東京慈恵会医科大

    ◆江尻貞一.エネルギーフィルター(EELS)TEMを用いた生物試料の観察. 第9回分析電顕懇話会 1996年4月1日 福岡大学医学部

    ◆江尻貞一,小澤英浩.電子エネルギー損失分光電子顕微鏡(EELS)を用いた初期石灰化領域の解析. 第101回日本解剖学会全国学術集会 1996年4月2日-4日 福岡大学医学部 (解剖学雑誌 71: 336,1996)

    ◆江尻貞一,小澤英浩.電子分光結像法(ESI)を用いた骨組織石灰化領域の観察.第25回日本電子顕微鏡学会学術講演会 1996年5月2日-24日 東京・日本青年館 (J. Electron Microsc. 45: 343,1996).

    ◆江尻貞一.Electron Energy Loss Spectroscopy (EELS)のための凍結置換固定法. 第7回 電顕サマースクール1996「極微構造のダイナミックス解析技術」.1996年7月26日-28日 千里ライフサイエンスセンター,大阪

    ◆江尻貞一,田中みかこ,中島正光,小石川篤,小澤英浩.骨構造観察へのマイクロフォーカスX線とリニアイメージを組み合わせた高分解能X線CTの応用について. 第14回日本骨代謝学会,1996年7月8日-20日 大阪 (日本骨代謝学会雑誌 14: No2,75,1996)

    ◆佐藤和彦.ネズミ類にみられる咬筋分化の機能的意義. 日本哺乳類学会,九州大学1996年11月

    ◆佐藤和彦.ハタネズミ類の外側翼突筋付着部位とその機能的意義. 日本咀嚼学会,東京歯科大学 1996年9月

    ◆江尻貞一,小澤英浩.骨組織研究への電子エネルギー損失分光法(EELS)の応用−鉄材による骨形成不全症の解明. 第100回日本解剖学会全国学術集会 2H11 4月1日- 4月4日 東京 1995 (解剖学雑誌 70: Suppl S163 ,1995)

    ◆江尻貞一,小澤英浩.EELS を用いた硬組織の検索について. 第51回日本電子顕微鏡学会学術講演会 1995年5月24日- 5月26日 堺市 J. Electron Microsc. 44: 256,1995.

    ◆江尻貞一,小澤英浩.電子エネルギー損失分光電顕(EELS)の原理と骨組織研究への応用について. 第15回日本骨形態計測学会 1995年7月21日-22日 倉敷市 (同抄録集 p 42)

    ◆江尻貞一,小澤英浩.シンポジウム2 Osteoporosis の基礎と臨床. 骨粗鬆症実験モデルに関する形態学的知見. 第10回日本整形外科学会基礎学術集会 1995年10月12日-13日 軽井沢 (J. Jpn. Orthop. Assoc. 69: S1283,1995)

    ◆江尻貞一.硬組織分野への応用. 共焦点レーザー顕微鏡講習会「共焦点レーザー顕微鏡の医・生物学分野への応用と今後の可能性.」プランナー:藤田哲也,学際企画主催 1995年 11月 25日-26日   日本青年館 東京

    ◆佐藤和彦.日本産ネズミ類2種の咀嚼時における3次元的下顎運動についての比較機能形態学. 日本咀嚼学会,椙山女学園大学 1995年9月

    ◆佐藤和彦.切歯でのかみ切り運動という観点からみたアカネズミとタイリクヤチネズミの咀嚼系の比較機能形態学. 日本哺乳類学会,京都大学 1995年10月

    ◆江尻貞一,小澤英浩.卵巣摘出ラットにおける骨梁減少様式に関する微細構造学的研究. 第99回日本解剖学会全国学術集会 1C25 3月30日ー4月1日 山形 1994 (解剖学雑誌 69: 482,1994)

    ◆佐藤和彦.アカネズミとエゾヤチネズミの咀嚼系における機能形態学的比較. 日本哺乳類学会,東京農工大学 1994年10月

    ◆江尻貞一,小澤英浩.RGD含有ペプチド添加による培養破骨細胞の形態変化について. 第98回日本解剖学会総会 1993年7月 札幌 (プログラム,予稿集 p.103,1993).

    ◆江尻貞一,小澤英浩.マウス肺胞マクロファージの多核化に関する研究ー細胞外Ca濃度の影響についてー. 第97回日本解剖学会総会 1992年4月 愛媛 (解剖誌 67: 481,1992).

    ◆江尻貞一,小澤英浩.多核巨細胞形成に及ぼすArg-Gly-Asp (RGD)含有蛋白の影響について. 第34回歯科基礎医学会総会 1992年10月 岡山 (歯基礎誌抄録集 34: 129,1992).

    ◆江尻貞一,小澤英浩.カルシトニンによる破骨細胞の細胞骨格の変化. 第95回日本解剖学会総会 1990年4月 東京 (解剖誌 65: 328,1990).

    ◆Ejiri S and Ozawa H.Ultrastructural and cytochemical studies on the bone induction by BMP.36th Japanese Association for Dental Research,Dec. 1988,Hiroshima .(J Dent Res.1989;68:668.)

    ◆江尻貞一,池亀美華,入江一元,中村浩彰,小澤英浩.BMPの骨誘導現象における硬組織形成細胞,硬組織吸収細胞の分化について−微細構造学的,組織化学的ならびに125I-CTオートラジオグラフィーによる研究−.第22回新潟歯学会総会 1989年4月 新潟 (新潟歯学会誌.1989;19: 91.)

    ◆江尻貞一,小澤英浩.破骨細胞の細胞骨格について. 第93回日本解剖学会総会 1988年4月 名古屋  (解剖誌.1988;63:327.)

    ◆江尻貞一,小澤英浩.破骨細胞の骨吸収機能に関する細胞生物学的研究. 第6回日本骨代謝学会 1988年7月 東京 (日骨代謝誌.1988; 6: 73.)

    ◆江尻貞一,小澤英浩:急速凍結法を用いた培養破骨細胞の微細構造学的研究. 第43回日本電子顕微鏡学会 1986年5月 神奈川 (An ultrastructural study on the cultured osteoclast using a rapid freezing and freeze-substitution method. J Electron Microsc.1987;36:344.)

    ◆江尻貞一,小澤英浩.活性型VD3によるマウス肺胞マクロファージの多核化−急速凍結法を用いた電顕的観察−. 第90回日本解剖学会総会 1985年4月 福岡.(解剖誌.1985;60:565.)

    ◆江尻貞一,小澤英浩.胎生期ラット頭頂骨骨形成に関する微細構造学的,組織化学的研究. 第41回日本電子顕微鏡学会 1985年6月 札幌   (Ultrastructural and histochemical studies on the bone fomation of the rat fetal parietal bone.J Electron Mirosc.1985;34:222.)

    ◆江尻貞一,小澤英浩,楠原征治:ニワトリの腱の初期石灰化現象について. 第3回日本骨代謝学会 1985年7月 東京.(日骨代謝誌.1985;3:123.)

    ◆江尻貞一,小澤英浩:破骨細胞の波状縁形成に関する微細構造学的研究. 第27回歯科基礎医学会総会 1985年9月 新潟.(歯基礎誌抄録集.1985;27: 98.)

    ◆Ejiri S,Ozawa H,Abe E,Suda T.Induction of cell fusion of mouse alveolar macrophages by 1α、 25-dihydroxy Vitamin D3 : A morphological study. 31st Japanese Association for Dental Research Dec. 1983,Tokyo. (J Dent Res.1984;63:562.),(肺胞マクロファージに対する活性型ビタミンDの融合促進作用-組織学的研究.歯科ジャーナル.1985;21:116.)

    ◆江尻貞一,小澤英浩.破骨細胞の coated pits と波状縁との関係. 第26回歯基礎医学会総会 1984年9月 塩尻.(歯基礎誌抄録集.1984;26:277.)

    ◆江尻貞一,小澤英浩:ラット頭蓋骨のin vivoとin vitro における破骨細胞の形成に関する電顕細胞化学的研究. 第22回新潟カルシウム代謝硬組織研究会 1981年12月 新潟.(骨代謝.1982;15(3):279.)

    ◆Ejiri S,Ozawa H:Ultrastructural studies on the formation of osteoclasts in rat calvaria in vivo and in vitro. 29th Japanese Association for Dental Research Dec. 1981,Osaka. (J Dent Res.1982;61:595),(ラット頭頂骨における破骨細胞形成に関する微細構造学的研究− in vivo,in vitro.歯科ジャーナル.1982;15: 846-847.).

    ◆江尻貞一,小澤英浩:塩酸コラゲナーゼ法による骨組織のSEM観察. 第16回骨代謝研究会 1982年8月 東京,(骨代謝.1982;15(suppl):95.)

    ◆江尻貞一,小澤英浩:ラット頭蓋骨における破骨細胞について. 第15回骨代謝研究会 1981年8月 東京,(骨代謝.1982;15: 85-86.)

    ◆江尻貞一,小澤英浩:走査電顕による骨細胞の立体観察. 第20回新潟カルシウム代謝硬組織研究会 1981年9月 新潟,(骨代謝.1982;15(3):276.)

    ◆江尻貞一,小澤英浩:ヘビの歯牙交換に関する微細構造学的所見. 第13回新潟歯学会総会 1980年4月 新潟,(新潟歯学会誌.1980;10: 61.).

    ◆江尻貞一,小澤英浩:ヘビの歯牙交換時に出現する Odontoclasts について.第22回歯科基礎医学会総会 1980年10月 松戸,(歯基礎誌.1980;22: 59.)

    その他

    2006年

    ◆佐藤和彦.書評「遺体科学の挑戦/遠藤秀紀著」. 哺乳類科学.2006;46(2):241-242.

    〜2003年


    ◆佐藤和彦.ネズミ類の咀嚼筋と頭骨―機能と類縁を比べてー.哺乳類科学.1999;39 (1):105.

    ◆佐藤和彦.かたちの学校(4)機能的システムとしての咀嚼系―ネズミ類を例としてー.哺乳類科学.1999;39 (1): 109-110.

    ◆佐藤和彦.書評「哺乳類の生物学2 形態/大泰司紀之著」.哺乳類科学.1999;39 (1):202-203.

    ◆佐藤和彦.リス類の咬筋と比較機能形態学.リスとムササビ.1998;4:10-13.